【2020年初戦】PL21節 アーセナル v マンチェスター・ユナイテッド プレビュー

【2020年初戦】PL21節 アーセナル v マンチェスター・ユナイテッド プレビュー

明けましておめでとうございます。

さて、年明け早々のビッグマッチ。

ホームで、マンチェスター・ユナイテッドを迎えるアーセナル。

 

ミケル・アルテタが指揮を執って、これで3戦目になる。

2戦目のチェルシー戦では主審の不可解な判定もあり、モヤモヤしたものの、着実に進歩を見せているアーセナル。(【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

この試合もホームということで、サポーターからの力強い後押しが感じられそうだ。

前回の対戦を振り返る

今回の試合もプレスカンファレンスは実施されないようだ。

ということでミケル・アルテタが、この試合に懸ける想いなどは確認できない。

そのため、まずは前回のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返ってみようと思う。(【似たもの同士の戦い】PL7節 マンチェスター・ユナイテッド v アーセナル 試合結果

 

【似たもの同士の戦い】PL7節 マンチェスター・ユナイテッド v アーセナル 試合結果

 

退屈な試合

前回は、マンチェスター・ユナイテッドも不調続きだったようで、互いに見せ場がなく単調で退屈な試合でだった。

グラニト・ジャカのダッキングの件といい、あらゆる面でジャカは叩かれやすい。

大変不憫である。

 

5位のマンチェスター・ユナイテッド

出典:bbc.com/

ちなみにマンチェスター・ユナイテッドは、現在5位。

直近5試合3勝1分け1敗という可もなく不可もなくといった成績。

 

言わずもがな、アーセナルよりは好調だ。

 

226試合目のアーセナル v マン・ユナイテッド

出典:arsenal.com/

226試合目となる、今回の直接対決。

どういう結果になるのだろうか。

主審はChris Kavanagh(クリス・カヴァナ)が担当する。

 

マンチェスターユナイテッド 怪我人情報 – 脆弱なアーセナルDF –

出典:arsenal.com/

先日のチェルシー戦で、カラム・チェンバースが負傷。

ここに来て、一気にDFの層が薄くなってしまったアーセナル。

 

ダヴィド・ルイスはチェルシー戦では大活躍と好調だが、コンビを組むCBに不安が募る。

この試合では、ソクラティスを起用するのだろうか。

 

アーセナル、怪我人続出でウィリアン・サリバを呼び戻す

おわりに

ジャック・ウィルシャーの誕生日

今日1/1は、28回目のジャック・ウィルシャーの誕生日。

ウエストハムでは、元気にやっているだろうか。

正式に移籍市場がオープン

ジャックの誕生日とともに、オープンする移籍市場。

クローズする1/31まで、アーセナルがどういった動きを見せてくれるか、

楽しみにしよう。

 

 

ひとまず、以上。