【ティアニー手術】PL17節 アーセナル v マンチェスター・シティ プレビュー

【ティアニー手術】PL17節 アーセナル v マンチェスター・シティ プレビュー

とうとうきた、Top4との試合。

ホームのエミレーツでマンチェスター・シティを迎え撃つ。

マン・シティのスタッフには、アーセナルの次期マネジャーとして、候補に挙がっているミケル・アルテタがいる。

色々、話題性があって楽しめそうな試合だ。

 

アーセナルとしては、PL2連勝として勢い付きたいが、相手は強い。

対して、シティとしては、無敗で突っ走るリヴァプールになんとしても食らいついていきたいところ。

出典:bbc.com/

 

リヴァプールまだ無敗なのか。

無敗優勝はアーセナルのアイデンティティのため、いい加減どなたかリヴァプールを止めていただきたい。

もはや他力本願。

怪我人続出のアーセナル

ヘクター・ベレリン

  • ハムストリングの張り。
  • マンチェスター・シティ戦は欠場予定。
  • 来週のトレーニング復帰を目指す。

ダニ・セバージョス

  • 11月のヴィトーリア戦でハムストリングを負傷。
  • 来週のトレーニング復帰を目指す。

ロブ・ホールディング

  • 膝打撲のため、マンチェスター・シティ戦を欠場予定。
  • 2週間後のトレーニングで復帰を目指す。

ニコラ・ペペ

  • ウェストハム戦で膝を負傷。
  • マンチェスター・シティ戦は起用可能になる予定。

キーラン・ティアニー

  • ウエストハム戦で肩を脱臼。
  • 手術の予定で、離脱は3ヶ月の見込み。

グラニト・ジャカ

  • ウエストハム戦で脳震盪。
  • 回復プログラムの施行のため、マンチェスター・シティ戦は欠場。

 

先日のELスタンダール・リエージュ戦も同様のコンディションだった。

しかし、控えメンバーが主体のため、さほど大きな問題にはならなかった。

 

しかし、今回の試合では、そのダメージをもろに受けてしまいそうだ。

ただ、ペペが起用可能な状態まで回復してきたことは、不幸中の幸いといえそうだ。

 

残念なニュースは、キーラン・ティアニーが手術を受けることが確定したという点。

3ヶ月の離脱が確実となってしまった。

 

おかげで、レフトバックのポジションは手薄に陥った。

また、セアド・コラシナツの疲労蓄積も非常に心配だ。

 

マンチェスター・シティのチームニュース

ただ、マンチェスターシティもチーム状況は決して明るくないようだ。

クン・アグエロが負傷とのこと。

出典:arsenal.com/

 

それにしてもマンチェスターシティの負傷者リストは、なんと豪華な顔ぶれなのだろう。

 

苦手なTop4戦、勝ちたい

マンチェスターシティも苦しい時期のようだ。珍しい。

叩くなら今しかないのかもしれない。

…頑張れ、アーセナル!

Arsenal Update

久しく見なかった、ウナイ・エメリの笑顔

ウナイがSNSを久々に更新した。

スタッフとの写真をアップしている。

いつだって、この素晴らしいスタッフに感謝している。

 

出典:bbc.com/

アーセナルを指揮していたエメリは、辛そうだった。

とにかく、笑顔で良かった。

エメリには、PLクラブを率いてもらいたい。

彼のやりたいフットボールをアーセナル相手に見せつけてほしい。

 

おわりに

今回の主審は、ポール・ティアニー(Paul Tierney)

キーランの代わりに、アーセナルを頼んだ。

出典:arsenal.com/

 

勝利すれば、4位のチェルシーに4差まで迫れるアーセナル。

このチャンスを不意にはできない!

ユングベリ体制となって、初のTop4ゲームは、12/16 1:30から!

 

期待しかない!

 

 

ひとまず、以上。