【VAR FC】PL32節 アーセナル v フラム 試合結果

【VAR FC】PL32節 アーセナル v フラム 試合結果

今日、何回VARが出てきただろう。少なくとも4回は出ていた。

しかし、試合後にアーセナルが『欧州スーパーリーグ参加』をアナウンスしたことで話題はスーパーリーグの是非で染まっている。

フラム戦の鬱憤が有耶無耶になるし、ネガティブ一色な記事を目にしなくて済むから、精神衛生上はありがたいのかもしれないと思いつつ、振り返っていこう。

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

試合結果

Arsenal 1-1 Fulham

アーセナル

E Nketiah (90+7′)

フラム

J Maja (59′ pen)

レフェリー

Craig Pawson

スタジアム

Emirates Stadium

Arsenal v Fulham

ジャカは3試合連続のLB起用。

もうジャカのLBは、ミケルにとって『奇策』でもなんでもなく現状のベストオプションということが明確になった。

ベレリンは、2月のPL25節シティ戦以来のプレミアリーグ。約2ヶ月ぶりの起用。

そして今回は、GKレノとMFパーティが外れて、ライアンエルネニが入っている。

両者ともひさびさのスターティングだが、ライアンはこれでアーセナル2試合目。(ようやく)

 

スコット・パーカーの100試合目。

フラムは22試合連続で、ロンドンダービー未勝利(D4/L18)とのこと。

 

Arsenal substitute

68′ M Elneny ⇔ T Partey
68′ H Bellerin (c) ⇔ N Pepe
70′ A Lacazette ⇔ E Nketiah

 

注目のトピックス

大して振り返りたくもない試合、文字にするのもしんどい。

ぎこちないアーセナル

結果から言うと、アーセナルが土壇場、後半ATに追いついてどうにか1ポイント掻っ攫った試合だった。

レフェリーとの相性、VAR判定のモヤモヤ、意見は色々あると思うが、そもそもアーセナル自体が噛み合ってなかった。

なんというか、今季のFAカップ4回戦を見ているような気分だった。大きく変えた結果、痛い目に遭う。あの感じ。

 

判定に文句をつけるのも虚しくなるだけだから、アーセナルには是非とも文句のつけようのない圧倒したフットボールをしてほしいものだ。(いつになることやら)

 

クレイグ・ポーソンとの相性の悪さ

今日のレフェリーは、Craig Pawson。

アーセナルは彼が裁く直近4試合、すべてに負けている。

そして今季は、PL22節ウルブス戦を裁いていた。ルイス&レノが一気に消されたあの試合。

この試合も前回同様、スッキリするものではなかった。

39分、ダニ・セバージョスの今季初ゴールで先制したと思ったら、物言い(VAR)がついて取り消し。

57分のオラ・アイナの飛び出しはオンサイドのため、ガブリエルのファウルが認められてPK献上。『0-1, Fulham』

ただ、フラムの有効打はこれくらいだったことを考えると、どうしてもアーセナルに物足りなさを感じてしまう。

 

エディがチャンスを掴むゴール

最終的には、70分にラカゼットと交代でピッチに立っていたエディ・エンケティアが土壇場でゴール奪取。

与えられたアディショナルタイムをいっぱいいっぱい使って、97分に押し込んだのであった。

ちなみにこれもVARの対象になったが、今回はクリアだった。

エンケティアはこれで今季通算6ゴール目、PLでは2節ウエストハム戦以来のゴールとなった。

 

一番恐れていた、『新たな負傷者』

68分、ラカゼットが左ハムストリングを抑えてダウン。

オバメヤンはマラリアで、しばらく回復に努める必要があるため、この負傷はかなりの痛手。

 

18位のチーム相手に負けに等しい試合を演じ、替えの効かない選手を失い、散々な目に遭った試合だった。

 

選手採点 by Skysports

Arsenal 1-1 Fulham: Eddie Nketiah snatches late point for Gunners

Arsenal

Ryan (6), Bellerin (5), Holding (7), Gabriel (5), Saka (7), Xhaka (7), Ceballos (7), Elneny (5), Smith Rowe (6), Lacazette (6), Martinelli (7).

Subs: Partey (6), Pepe (7), Nketiah (7).

Fulham

Areola (8), Aina (7), Andersen (9), Tosin (8), Robinson (7), Lemina (7), Anguissa (7), Decordova-Reid (7), Cavaleiro (6), Lookman (6), Maja (7).

Subs: Reed (6), Loftus-Cheek (n/a), Bryan (n/a).

Man of the match

Joachim Andersen

 

選手採点。

ガブリエルの『5』はわかる、唯一の失点に絡んだから。

ただ、ベレリン、エルネニの『5』は明らかに前任者と比べられての落第点だろう。

彼らのパフォーマンスレベルもまた物足りなかった。

 

HIGHLIGHTS | Arsenal vs Fulham

 

アルテタ『明らかに明確に勝てた試合』

Arteta’s press conference: Laca, Ryan, Willock

勝ち点1、妥当な結果?

  • アーセナルは間違いなく、3ポイントに値した。
  • 他の意見は尊重するが、私は完全に勝利に値する試合だったと答える。
  • 私たちが作ったチャンスの量、2つのゴール取り消し、そして相手の枠内ショットは1本だけ。

VARの介入について

  • 彼らを信頼するしかない、それしかできない。

ラカゼットの怪我?

  • どのくらい悪いのか、まだ不明。
  • ハムストリングを痛めた。

なぜ連勝できないのか?

  • 己の力を出し切って、試合に勝つ。それができていない。
  • トップチームがリーグで一貫して行っていることが出来ないのであれば、このような結果になるのは当然。

PL経由でヨーロッパに行ける?

  • 今日は勝利が必須だった。
  • もはや、自分たち次第と言える状況でもないが、数字的にはまだ可能。

スターティング、5枚変更の理由?

  • 木曜日の試合から、まだ回復していない選手がいたため。
  • ラカは調子が良かったため試合に出したが、結果的に負傷させてしまった。
  • 選手を休ませたら『なぜ休ませるのか』、休ませなかったら『なぜまた起用させるのか』と聞いてくるがすべてはバランス。

スーパーリーグの報道について後に発足がアナウンスされる。

  • 何も知らない。

ウィロックのニューカッスルでの活躍…

  • ジョーが貴重なゴールを決めているのは、喜ばしいこと。
  • ジョーには、能力と意欲があるが、一貫性が求められる。
  • ニューカッスルへのローンが正しい選択だと思える活躍。

 

エンケティア『3ポイントが欲しかった』

‘When you get a chance you have to take it’

得点について

  • 自分が得点を決め、チームに勝ち点をもたらすことが出来たのは良かった。
  • 私たちは懸命に戦ったし、最後の方はとても良かった。
  • アーセナルのために得点するのは、いつだってナイス。

結果について

  • 得点できたのは良いが、3ポイントが欲しかった。
  • しかしあの状況と時間では、1ポイント獲得は上々だと思う。

今後もチャンスがある?

  • シーズンの前半は非常に好調で、多くの試合に出場していたが、ここ数週間は思うようにプレイできていなかった。
  • それでも、呼ばれたときに準備が整っているよう、励んできた。
  • チャンスがあれば、今日のように確実にモノにできることを示せたと思う。

 

おわりに

ひさびさのリーグ2連勝が見れるかと思いきや、また足踏み。

しかし、一番堪えたのは、ラカゼットの負傷離脱

ただただ、痛い。

おかげでヨーロッパリーグも不安になってきた。

 

20/21 PL Arsenal

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 9
21 MUN(H) Draw 10
22 WOL(A) Loss 10
23 AVL(A) Loss 11
24 LEE(H) Win 10
25 MCI(H) Loss 11
26 LEI(A) Win 10
27 BUR(A) Draw 10
28 TOT(H) Win 10
29 WHU(A) Draw 9
30 LIV(H) Loss 10
31 SHU(A) Win 9
32 FUL(H) Draw 9
33 EVE(H)
34 NEW(A)
35 WBA(H)
36 CHE(A)
37 CRY(A)
38 BHA(H)

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!