【感慨に耽るアルテタ】PL27節 アーセナル v エヴァートン

【感慨に耽るアルテタ】PL27節 アーセナル v エヴァートン

先日のPostに内容が付随しているので、ご覧いただけたら幸い。(【ジャカがやってくれる】PL27節 アーセナル v エヴァートン プレビュー

なぜか今回は、時間差で試合前日のプレスカンファレンスの模様がリリースされたため、別記事にまとめることになってしまった。

 

アルテタ『エヴァートンと戦うのは不思議な気持ち』

古巣でもあるエヴァートンと対戦

  • 7年間在籍していたこともあり、不思議な気持ちになると思う。
  • マネジャーに任命されたときから、不思議な縁を感じていた。
  • 最初の仕事は、グディソン・パークでの試合のウォッチングだった。
  • 敵将のカルロ・アンチェロッティも同時期に就任し、同じように試合をチェックしていたのは可笑しかった。
  • エヴァートンと対戦することは、常に特別であり、とても楽しみにしている。

12月にスタンドから試合を視察した件

 

この投稿をInstagramで見る

 

👀 The new boss watching on! 👀 #Arsenal #COYG #Gunners #AFC #premierleague

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

  • その日のうちに、カルロ・アンチェロッティといくつか意見交換をした。
  • あのときは選手のことや期待できる成果も明確ではなかったが、マネジメントできることを誇りに思えたし、現状においても満足のいく出来だと思う。
  • 改善すべき点は多々あるが、あれが8か月前と聞くと、そこまで昔のようには思えないね。

就任して変わったこと・嬉しかったこと

  • 選手たちのやる気を感じているし、我々の要求に応えようとしてくれていることも感じる。
  • 選手もスタッフも一丸となって戦っていることがなによりもハッピー。

2020年になって無敗のアーセナル

  • 選手には環境関係なく、立ち向かう姿勢を見せてほしいと言っている。
  • 今はそれを実行している過程にある。
  • 選手たちは本当にうまく取り組んでくれている。

アルテタ・アーセナルのスタイル

  • 長い道のりの最中ではあるが、少しずつ色は出始めている。
  • やりたい形はたくさんあるが、それには時間も必要。
  • 良いところは維持しつつ、日々、目標を掲げて改善していく必要がある。

 

良いところは残しつつ、日々進歩を遂げるアーセナル。

まるで漫画のような成長指標ではあるが、アルテタ・アーセナルであれば実現可能と思えるのが凄いところ。

 

おわりに

この試合のジャカのプレイに注目してみたい。

本当に彼のプロフェッショナルな姿勢はカッコイイ。

【プレミアリーグ】PL27節 アーセナル v エヴァートン プレビュー

 

 

ひとまず、以上。