PL8節 Arsenal v Crystal Palace [Preview]

PL8節 Arsenal v Crystal Palace [Preview]

おかえりアーセナル。代表戦が間に入って2週間。

この間の日本代表はなかなか大変だったようで「首の皮一枚つながった」というワードだけ耳に入っている。とにかくおつかれトミヤス。

さてアーセナルの話題を。チェルシーとかそこいらのチームは週末にマッチデイを迎えていたようだが、われわれは平日キックオフ….。まぁそれでもこの試合の敵将はパトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)ということもあってメディアも注目しているご様子だ。

ヴィエラといえば、事あるごとに「アーセナル、ヴィエラ2世を獲得か」なんて言われてきた。トーマス・パーティもそうカテゴライズされていましたな。(【アーセナル獲得の噂】トーマス・パーティ【Next Vieira】

・・・

ククレジャに翻弄された前節ブライトン戦。でも結果はスコアレスドローだったこともあって、まだ良いムードは漂っている。がんばれガナーズ。

Arsenal v Crystal Palace (H)
10月 19日 (火曜日)⋅04:00~

Crystal-Palace (H) プレスカンファレンス

Arteta on team news, Smith Rowe and Palace

チームニュースとGranit Xhakaの最新情報…on the team news and the latest on Granit Xhaka…

  • 今のところ、全員が問題なし。
  • グラニトはとても順調に回復しているが、残念ながら長期離脱を要する怪我であり、この試合は出られない。

また良いタイミングでブレイクが入った…on whether the international break will help us again…

  • 前回のインターナショナルブレイクのときは、少しだけ状況を好転させることができたが、まだ課題は多い。
  • 前回は必要とされる重要な結果を得ることができたのだから、フェーズを上げたい。順位を上げて、次の試合に勝利することを考えている。

攻撃の脅威を高めたい…on increasing our attacking threat…

  • これまでにも多くの分野に注力してきたが、アタッキングも要改善エリア。
  • 代表戦のために使える選手は限られているが、残った選手で効率性を高め、より良いプレイをすることは可能。

選手、キャプテンとしてのパトリック・ヴィエラの存在…on Patrick Vieira as a player and a captain…

  • 彼はアーセナルのレジェンド。それに相応しいレセプションを受けてほしい。
  • 彼は、ここ何年かで最も成功した時代にクラブのキャプテンを務めていた。そんな彼がプレミアリーグに戻ってくる。素晴らしい。

監督ヴィエラの手腕…on how he’s adapted as a Premier League manager…

  • 彼はすでに監督としての経験を積んでおり、プレミアリーグのことも熟知している。
  • 彼のマネジメントについても、傍から見ていても感じるものはある。

9月の最優秀監督に選出…on being named Manager of the Month…

  • Yeah, これは個人ではなく、貢献したチーム全体で勝ち取ったもの。
  • 素晴らしいが、もう次のことに集中している。兎にも角にも正しい道を歩んでいるという自信になる。

グラニト・ジャカの復帰時期…on Granit Xhaka’s return…

  • 時期はまだわからないが、彼に3ヶ月と言えば、彼は2ヶ月と捉えるだろう。
  • 彼は離脱を最小にするために、可能な限りの努力をするはず。そういう人間。
  • 大きな怪我ということもあり、適切に判断して復帰を調整する。

トーマス・パーティは間に合う?on if Thomas Partey will be ready for Crystal Palace…

  • 彼に限らず、まだ選手たちは合流していない。これから見ていく。
  • 月曜日には全員が正しいコンディションで試合に臨めることを願っている。

アーセン・ヴェンゲルの初試合から25年後…on managing Arsenal 25 years on from Arsene Wenger’s first game…

  • わからないものだ。この業界は時代とともに役割が変わっていく。
  • 10年後には、また別の「教え子対決」なんてことが起こる世界。

ヴィエラと戦いたかった?on whether he would have liked to have played against Vieira…

  • No!!
  • とても支配的かつ身体能力が高く、技術も優れていて、勝ち気でゴールも奪える存在で厄介だった。

ヴィエラ以降MFリーダー不在という声…on whether we’ve lacked a leader in midfield since Vieira left…

  • もう随分と前のことになるため、それが根拠のあるものなのか不明。
  • 過去、本当に優れたMFは何人もいたわけで、パトリックはパトリックとしか思わない。そして彼のような選手はもう出てこないだろう。

中盤の主柱の必要性…on a need for a big leader in midfield…

  • Yes, しかし中盤とは限らない。時代とともにスタイルも変容する。
  • パトリックやトニーのような選手がチームにいれば素晴らしいが、私たちにはそれぞれ違った資質や特徴があり、それを伸ばしていかなければ。

ガビ・マルティネリが蚊帳の外…on Martinelli’s lack of game time…

  • このポジションには多くの選手がいる。
  • まず第一に、彼はいくつかの試合に出ている。認識を改めてほしい。ブレントフォード戦では先発し、チェルシー戦でも先発だった。
  • 残念ながら先週、彼は負傷した。月曜日の試合に起用できるかどうかはわからない。

マルティネリがローンに出る可能性…on if Martinelli could go on loan…

  • 彼にはとても満足している。
  • そのようなことは考えていない。

 

そういえば、ヴィエラもミケルもMan Cityのグループでコーチ業を始めた仲か。

だからまったく知らぬ存ぜぬな仲なわけではない。これまた不思議な縁だこと。

 

わたしとしては、ガビをローンで出してあげてほしい。彼にプレイタイムを!

 

予想スタート by Guardian

ジャカがとうぶんはアウト。きっとトミヤスも疲労度Maxだろう。

どれくらいローテーションできるだろう。地味にティアニーも心配だ。だれも怪我しないで戦い抜くことを祈る!

 

試合結果予想

Skysports/予想 [2-0 Arsenal]

Arsenalは最近のホームゲーム6戦中5試合に勝利している。

Aaron Ramsdale, Gabriel, Ben Whiteの守備陣の貢献が大きく、直近の4試合で3度のクリーンシートを達成中。そしてこの試合でも彼らがパレスを圧倒すると予想する。

前線のEmile Smith Roweは、直近の試合では代表戦を含めると5戦3Gと好調を維持している。

この試合ではGunnersが大部分を支配し、Smith Roweが危険なエリアで活躍すると予想される。彼のゴールが見れるかもしれない。

BBC/予想 [2-0 Arsenal]

Crystal PalaceはPatrick Vieiraの下でまとまってきており、そのプレッシングスタイルも非常に効果的である。

Vieiraにとっては、新チームを率いて古巣に乗り込む大事な瞬間だ。しかし、Arsenalは絶好調。彼らは十分なチャンスを作り、この試合を楽に締めるはずだ。

 

感動的なエモーショナルゲームのように持ち上げているメディアが多いが、肝心の試合にフォーカスすると波乱なくアーセナル優位という感じ。まあそうでなければ困る。ここで変なドラマはいらないヨ。

 

おわりに

うぅ、眠い。土曜日に固定してほしい。試合の日を。

アーセナルはまだ二桁順位の呪いを脱してはいないものの、Man City戦の悪夢からは覚めつつから幸い。

とりあえずは、BIG6クラスと激突するまでは連戦連勝で突き進んでほしいものだ。元来アーセナルはそういったチームだったはずなのだから。

21/22 Arsenal season

Round Opponent Result
PL 1 Brentford (A) 2-0 ●
PL 2 Chelsea (H) 0-2 ●
EFL Second R (64 team) West Brom (A) 0-6 ○
PL 3 Man City (A) 5-0 ●
PL 4 Norwich (H) 1-0 ○
PL 5 Burnley (A) 0-1 ○
EFL Third R (32) AFC Wimbledon (H) 3-0 ○
PL 6 Tottenham (H) 3-1 ○
PL 7 Brighton (A) 0-0 △
PL 8 Crystal Palace (H)
PL 9 Aston Villa (H)
EFL Fourth R (16) Leeds United (H)
PL 10 Leicester City (A)

 

 

ひとまず、以上。


【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!