【最終戦】PL38節 アーセナル v ブライトン 試合結果

【最終戦】PL38節 アーセナル v ブライトン 試合結果

5月頭にヨーロッパリーグから蹴落とされて以降、待ち望んできた『End of season』。

残りの試合は消化試合だと諦めの境地に入ったこともあった、が人生やってみないとわからないものだ。

彼らの頑張りのおかげで、最後までエンターテイメント性に富んだシーズンを送ることができた。

ということでマネジャーミケル・アルテタ、初のフルシーズンは怒涛の5連勝を記録して『8位』でどうにか走り抜けたのであった。(M38/W18/D7/L13/P61)

目次

Match summary

試合の結果と、記録について少々。

試合結果

Arsenal 2-0 Brighton and Hove Albion

アーセナル

N Pepe (49′, 60′)

レフェリー

Jonathan Moss

スタジアム

Emirates Stadium

Arsenal v Brighton

今季最後の試合 & 有観客ということで来季への希望を見せるために、残留が堅い選手を持ってくるかと思いきや、この試合でもしっかり『勝つためのスクワッド』をチョイスした模様。

オバメヤン、というかFW以外は役者が揃っている感があるから夏のプランに期待したい。

ブライトンはアーセナルがリストアップしていると噂のイヴ・ビスマ(Yves Bissouma)がいる。

エージェント・ニコのセールストークに注目だ。

 

Arsenal substitute

74′ E Smith-Rowe ⇔ B Saka
79′ P Aubameyang (c) ⇔ A Lacazette
86′ M Ødegaard ⇔ G Martinelli

 

注目のトピックス

半年ぶりのホーム有観客!!

最後にファンの前でGunnersが戦ったのは、昨年12月のELラピッド・ウィーン戦、だいたい半年前ということになる。

この半年の期間のうちにファンの怒りを買ってしまったクラブオーナーのクロンキー、その実地調査に息子ジョシュが送り込まれた。

『Kroenke out』を目の当たりにして、さぞ気分を害しただろうが、これが現実である。

ただ現状、KSEを追い出してしまったらさらなる金銭苦に瀕することは確実のため、ひとまず持ち株制度など意見を反映できる仕組み作りを訴える手段に出ている。

 

アグレッシブでも遠いゴール

ファンの声援を受けて、やる気満々のアーセナル。

エヴァートンとトットナムが早々に失点するという、お誂え向きの舞台が整いつつあったのだが、なかなか枠を捉えられずに気付いたら前半が終わっていた。

『点なんていつ取ってもイイし、なにより勝ちゃいい』と自分に言い聞かせつつも、早く点を取って気持ちを楽にしてほしいと願ったハーフタイムであった。

 

ニコラ・ペペ、2戦連続2ゴール!

そんなこんなで迎えた49分、待望の瞬間!

チェンバースからボールを受け取ってペペがズドン!

60分にもウーデゴールのアシスト付きでペペがズドン!!

クリスタルパレス戦に続き、2戦連続の2ゴールを挙げたペペ、来季こそ『シーズン通しての一貫性』を示せるか。

 

5連勝も、一歩届かず

この試合を勝利したアーセナル、しかし来季ヨーロッパの副賞は付与されず。

21/22シーズンは過密日程に苦しむこともないため、色々と言い訳ができないシーズンになりそうで、それはそれで楽しめそうだ。

 

選手採点 by Skysports

Arsenal 2-0 Brighton: Nicolas Pepe scores twice as Arsenal beat Brighton but miss out on European qualification

Arsenal

Leno (7), Chambers (8), Holding (7), Gabriel (7), Tierney (7), Xhaka (7), Partey (7), Odegaard (8), Pepe (9), Smith Rowe (7), Aubameyang (6).

Subs: Saka (6), Lacazette (6), Martinelli (6)

Brighton

Sanchez (6), Jahanbakhsh (6), Webster (6), Dunk (6), White (6), Burn (6), Bissouma (7), Moder (7), Gross (6), Mac Allister (5), Trossard (5).

Subs: Lallana (6), Connolly (6), Alzate (6).

Man of the match

Nicolas Pepe

 

パフォーマンスが不調だったオバメヤンのみ『6』を付けられている。

点が取れなかったのは仕方がないが、惜しい場面すらなかったのは痛い。

一貫性を理由にペペやウィリアンをベンチに送ってきたミケル、オバメヤンにも同様の評価基準を持ってもらいたいところ。

 

HIGHLIGHTS | Arsenal vs Brighton

 

試合後のミケル・アルテタ

Arteta on… our fans, Odegaard, next season

ファンのカムバック…

  • クラブを代表して、感謝する。
  • それと同時に、ヨーロッパに行けないことを残念に思っている。
  • 勝ち点61というのは、昨季だと5位に値するもの。リーグレベルの推移に適応していかねばならない。

ヨーロッパを逃して…

  • 彼らの試合の動向はチェックしていた、あとは自分たち次第という時間帯もあった。
  • 結果、勝利してベストを尽くしたわけだが、十分ではなかった。

欧州を逃したことをポジティブに見る?

  • このクラブは、トロフィやチャンピオンズリーグにふさわしいクラブだから悲しい。
  • 非常に厳しい状況でも団結してベストを尽くしたが、十分ではなかった。
  • もっと自己批判に徹して、来季に向けての準備をしていく。

ジョシュ・クロエンケから言葉を貰った?

  • いつも電話で話しているときと同じように、協力的で情熱的だった。
  • 彼はクラブを別のレベルに引き上げたいと思っている。それが彼がここにいる理由。

忙しい夏になる?

  • 競争相手はどんどん良くなり、強化されていくだろうから、私たちも追随しなければ。
  • プレイスタイルや哲学は浸透しているから、選手たちをより良く安定させ、成長をサポートしていく。
  • 12月以降、私たちはリーグで2位か3位の成績を収めている。これを10ヶ月継続していく。

マルティン・ウーデゴール、来季も見れる?

  • 自分たちがどうしたいかについては、とても明確で強い意思があるが、彼は私たちの選手ではない。
  • 今後数週間のうちに話し合いを重ねていくが、まずは彼がレアルマドリードの選手であることを尊重する必要がある。
  • 願わくば、彼にとってここが安寧の地になってほしい。

正しい方向に進んでいる自負はある?

  • Yeah, 数ヶ月前のチームと今のチームを比較すれば明らか。
  • 結果はともかく、ずっと良い場所にいるし、これからもより良くなっていくと思う。

ヨーロッパに1ポイント届かず…

  • 勝ち点61は、昨季なら5位だっただけに悔しい。
  • 私たちもステップアップしたが、リーグレベルも上がっていることを認識する必要がある。
(最下位シェフィールド、結構ポイント積み上げたのね!)

 

今季の苦しみはもう忘れた。

ああ、来季が楽しみでならない。

 

トーマス・パーティのコメント

‘We had their support… it was beautiful’

加入後、初のファンお披露目…

  • とても美しいサポートだった。
  • 彼らはいかなるときも私たちをサポートし、押し上げてくれた。
  • これこそ、私たちが欲していたもの。とても感謝している。

ヨーロッパを逃した…

  • がっかりしている。
  • しかし来シーズンのカムバックに向けて、全力で戦う。きっとできるはず!

 

今日は惜しいショットを放っていたパーティ。

やはりファンの声援は力になるのか。

 

カラム・チェンバースのコメント

Chambers – Let’s take this momentum on

勝利もヨーロッパなし…

  • とても残念。望んでいた結果ではない。
  • とはいえ、来シーズンに向けて切り替えなければならない。
  • シーズンを力強く締めくくれた事実は、来シーズンのモチベーションに繋がるはず。

絶好調のニコラ・ぺぺ…

  • 素晴らしかった。
  • 守備の面でもカバーしてくれたし、とにかく凄かった。
  • トレーニング初日からそのクオリティを目の当たりにしてきたが、今はその能力を存分に発揮している。
  • 私たちは皆、彼の活躍を喜んでいる。

怪我で苦しんだ今季、今は楽しめている?

  • I’m loving it, yeah.
  • 怪我をして長期離脱を強いられたが、復帰以降は怪我前のような気持ちで戦えている。
  • あの怪我は不運なタイミングだったけど、以前のような強い気持ちが芽生えている。
【London is Blue】PL20節 アーセナル v チェルシー 試合結果

プレミアリーグ5連勝で締めくくった…

  • 今日の勝利は、来シーズンの開幕に向けても良い締めだった。
  • この勢いに乗っていきたい。

ファンが戻ってきた…

  • Yeah, amazing.
  • この光景が恋しかったし、皆とても良かった。

 

前節のクリスタルパレス戦で足首を狩られたときは、トラウマが引き起こされものだが、こうしてシーズンを戦い抜けてホッとしている。

来季こそ、シーズン通してピッチに立てることを願う。

 

ローン組、別れの辞

ローン組ではないが、ダヴィド・ルイスは既に別れの辞を発表済み。

今季も多くの選手に助けてもらった、ありがとう。

ダニ・セバージョス(2019–2021)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Daniel Ceballos Fernandez(@danifuli10)がシェアした投稿

🔴⚪️ 👏🏼 Thanks Arsenal and thanks to all Gunners.🙌🏻

このジャージに袖を通した日から、たくさんの愛で私を迎えてくれたね。

Gunnerとして、ファミリーとして、私を受け入れてくれた。

様々な理由により、困難になってしまった今季が終わりを迎えたけど、特にエミレーツでのホームゲームをサポーターと一緒に過ごせなかったことが残念でならない。

でも、皆の温かいサポートがあったことは決して忘れない。

アーセナルという歴史ある偉大なチームは、すぐにトップに返り咲き、チャンピオンとなって、今も昔も変わらない姿を見せてくれるはずさ。

このクラブ、そしてサポーターの皆は、それにふさわしい存在であり、私はそれが達成できると確信している。

コーチ、キットマン、メディカルスタッフ、マーケティングチーム、スタッフ、マネジャー、そしてサポーター、皆に感謝したい。

クラブに関わる全員がこのクレストとジャージのために、ベストを尽くしている。

💪⚽️ Let’s go Gunners! ⚽️💪

GOODBYE. THANKS FOR ALL!

 

思えば、エメリのときから一緒に戦ってくれた戦士セバージョス。

FAカップを掲げられたことで、苦しい思い出だけで終わらなかったことが不幸中の幸いか。

スペインの地でも元気にやってほしい。

 

マット・ライアン(2021)

最後の最後にアーセナルを代表するすべての出来事を体験することができて、とても嬉しかった。

多くのことを学び、すべての時間を楽しむことができた。

クラブの多くの素晴らしい人々が私を歓迎してくれて、ファミリーとしてスムーズに移行できたことに感謝している。

今後も、この関係を続けていきたい。

将来のことを考えるとワクワクしているよ。

 

ライアンは残る気配満々。

ルナルソンは当分、修行の身になりそうだ。

マット・ライアン『疑問視されたアーセナル加入』

 

おわりに

そんなこんなで、『8位』で終えたアーセナル。

来季は言い訳なしのシーズンが待っている。

 

そして、やっぱりファンがいないとフットボールは楽しくないね!

Covidと過ごすシーズンも3年目に入るわけだけど、来季こそはファンと共に戦えるだろうか。

 

20/21 PL Arsenal

Round Opponent Result Position
1 FUL(A) Win 1
2 WHU(H) Win 3
3 LIV(A) Loss 5
4 SHU(H) Win 4
5 MCI(A) Loss 5
6 LEI(H) Loss 11
7 MUN(A) Win 9
8 AVL(H) Loss 11
9 LEE(A) Draw 12
10 WOL(H) Loss 14
11 TOT(A) Loss 15
12 BUR(H) Loss 15
13 SOU(H) Draw 15
14 EVE(A) Loss 15
15 CHE(H) Win 15
16 BHA(A) Win 13
17 WBA(A) Win 11
18 CRY(H) Draw 11
19 NEW(H) Win 10
20 SOU(A) Win 9
21 MUN(H) Draw 10
22 WOL(A) Loss 10
23 AVL(A) Loss 11
24 LEE(H) Win 10
25 MCI(H) Loss 11
26 LEI(A) Win 10
27 BUR(A) Draw 10
28 TOT(H) Win 10
29 WHU(A) Draw 9
30 LIV(H) Loss 10
31 SHU(A) Win 9
32 FUL(H) Draw 9
33 EVE(H) Loss 10
34 NEW(A) Win 9
35 WBA(H) Win 9
36 CHE(A) Win 9
37 CRY(A) Win 9
38 BHA(H) Win 8

 

 

ひとまず、以上。

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!