【ウナイ・マジック】敗戦で一致団結のアーセナル

【ウナイ・マジック】敗戦で一致団結のアーセナル

ホームのエミレーツでウルブスに圧倒されたアーセナル。

この試合で得たものとは一体…?(【エメリ・アーセナルの完成形】PL11節 アーセナル v ウルブス 試合結果

Arsenal Update

試合には負けたが敗戦が功を奏し、アーセナルとサポーターを繋ぎ止めたウナイ・エメリ。

自らが生贄となったウナイ・エメリ

Unai Emeryは、アーセナルのファンベースをひとつにした。

アーセナルの10年で、これほど多くの人の意見がまとまったのを私は見たことがない。

誰もがエメリ解任を待っているなんて、どうかしてるな。

 

自らが標的となり、アーセナルをまとめたウナイ・エメリ。

彼の自己犠牲の精神は、計り知れない。

 

それもこれも全て、戦略家のエメリの計算だったのかもしれない。

これが、ウナイ・アーセナルの完成形なんだ。

そうに決まっている。

 

解任か続投か、クラブの対応に注目

  • The Timesによると、クラブはウナイ・エメリからジョゼ・モウリーニョへリプレイスを検討中。
  • アーセナルのラウル・サンレヒとモウリーニョが会食を実施したとの噂が根拠となっている。

この情報の根拠である、モウリーニョとサンレヒの繋がり。

以前にはアーセナルの試合を視察したと噂になっていたモウリーニョ。(モウリーニョがサンレヒとアーセナルの試合を視察

 

モウリーニョ『アーセナルって良いよね、ぬるま湯で』

2017年5月、アーセナルに破れ、皮肉を言うモウリーニョ

アーセナルファンがハッピーで、私もハッピーだ。

私がハイバリーやエミレーツから引き上げるときに、彼らがハッピーなのはこれが初めてのことだ。

私がハイバリーから去る時、彼らは泣いていた。

私がエミレーツを去る時、彼らは泣いていた

彼らはいつだって、うなだれながら通りを歩いていた。

今日の彼らは、歌う。

お祭り騒ぎさ。

それこそがビッグクラブというものだ。

 

おわりに

この人事はエンターテイメントとしては面白いが、果たしてサポーターからは受け入れられるのか。

アーセナルロマン派としては、ミケル・アルテタを推したい。

 

ひとまず、以上!