エメリを解任できないアーセナル/ジャカ、ニューカッスル行きの噂

エメリを解任できないアーセナル/ジャカ、ニューカッスル行きの噂

さて、着々と強敵レスター・シティーとの試合が迫ってきている。

きっと、最高のスターティングメンバーをチョイスしてくれるはずだろう。

そんなこんなで、本日のアーセナル情報を皆様と共有したく存じます。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

Arsenal Update

エメリを解任できない理由

なにやら噂によると、

エメリを切ったときに生じる契約解除金を支払う余裕がアーセナルにはないとのこと。

契約が満了となる、残り18ヶ月間はエメリと共にしなければならないかもしれないようだ。

 

出典:bbc.com/

 

キャプテン決定の裏側

ミラーによると、

キャプテンを選手らが決めるという案は、エメリの提案ではない。

アーセナルお抱えの心理学者、デイヴィッド・プリーストリー(David Priestley)の案だった。

 

彼が、デイヴィッド・プリーストリー。

選手たちに選ばせることで、チーム全体にリーダーシップと責任を植え付け、当事者意識を持たせようとしたようだ。

 

5人キャプテン制はエメリの考えなのかな。(5人キャプテン制で挑むアーセナル

 

グラニト・ジャカとニューカッスルの噂

ニューカッスルの監督であるスティーヴ・ブルースは、中盤を強化したい意向。

1月にグラニト・ジャカをローンで獲得したいと思っている。

つい最近、出てきたニューカッスルがジャカを獲りに動いているという噂。(ジャカ、ニューカッスル行きの噂

彼を大事に大事に扱ってきたエメリは、もうジャカを見限っている節がある。

さらにジャカも、もうアーセナルのシャツを着て戦う意欲がないという話も出ている。

 

どうせならPLで、目の届く範囲の場所で輝いて欲しい。

もしジャカが、イングランドでプレイしたいと思っているのであれば、ぜひチャレンジしてほしい。

そして、エメリ・アーセナルにミドルシュートでも決めて欲しい。

 

エジル・コラシナツ襲撃事件の判決が出る

2名いた襲撃犯人のうち、1名の判決が出たようだ。

懲役10年の判決のようだ。

また、もう1名に関しては明日判決が出るとのこと。

脅す際の凶器に使用したものは、ナイフではなく、knitting needleだったよう。

つまり、編み針。

 

【闇落ちウナイ】エジル襲撃事件、サリバの骨折、ヴェンゲルの喝

 

苦手なアウェイで強敵レスター戦

アーセナルが大の苦手とする、アウェイ戦。

対してレスターは、ホームにめっぽう強い。

エジルとラカゼットの共演は見れるのか。

 

ひとまず、以上!