【週給はクラブが負担?】アーセナルのエジル、いくらなんでも嫌われすぎ

【週給はクラブが負担?】アーセナルのエジル、いくらなんでも嫌われすぎ

今日もアーセナルのトピックスを皆様と共有したく存じます。

 

Arsenal Update

プレミアリーグ8節までのスタッツを振り返る

The Arsenal on redditから。

PLでの得点、アシスト、タックル、ファウル数についてまとめたものがアップされていた。

1桁の数字が続く中、唯一2桁を記録しているグラニト・ジャカ。

その項目はなんと、ファウル数。

全然、嬉しくない数字である。

当然、この画像で話題になっているのもジャカについて。

その数の多さよりも、不用意なファウルが多いことを問題視している声がちらほらを挙がっていた。

 

やはり、ジャカはアーセナルにハマっていないのだろうか。

 

試合に起用されない、オセイ・チュチュ

ボーフムでローンを過ごしているジョルディ・オセイ・チュチュ。

Osei-Tutu’s lack of game time at Bochum a cause for concern

 

哀しいことに、直近4試合未出場とのこと。

彼は21歳ということもあり、フットボーラーとしてそろそろ結果が欲しいところだろう。

そんな大事な時期にも関わらず、試合に出れていないのは痛い。

このままでは、アーセナルでの居場所を確保することは難しそうだ。

 

ウィルフレッド・ザハ『ペペには時間が必要』

BBC Africaでインタビューを受けたザハ (クリスタル・パレス / コートジボワール)。

同胞のニコラ・ペペについて語った。

ペペについて語るザハ

ペペはまだ若いし、違うリーグから来たんだから時間が必要だ。

移籍金は彼が決めたものではなく、人々が彼の活躍を見て勝手につけたんだ。

僕は、ペペがフランスリーグと同様にプレミアリーグでも活躍できると信じて疑わない。

コートジボワール代表で共にプレイして、彼の才能は見てきたからね。

Wilfried Zaha sends message to Nicolas Pepe after poor start at Arsenal

ザハは今夏アーセナル移籍に近づき、本人もその気だったが金額の問題で叶わず。

結果として、クリスタル・パレスに残留となった。

本人も行きたかったアーセナルに移籍していったペペを擁護するザハ。

妬むことなく、護りに入るなんて良い奴なんだ。

 

ペトル・チェフ アイスホッケー選手に転身

アスリートのセカンドキャリアはいろんなものがある。

チェフはこの度、アイスホッケー選手としてのキャリアを歩むようだ。

 

アーセナルとチェルシーのダヴィド・ルイス

ダヴィド・ルイスは、チェルシーでPL160試合中、3つのペナルティに関与した。

アーセナルでは、既に2つに関与している。

チェルシー時代のダヴィド・ルイスの安定さに驚きだ。

興味深いのは、このデータをみたGoonerがダヴィド・ルイスを非難する流れではないということ。

現状のシステムにおける「被害者」という見立てが大きいのだ。

中盤でケアができていないが故、最終ラインがツケを払っているという意見は非常に興味深い。

 

エジルをローンで出すためにクラブが給与を負担?

現在、残念なことにいらない子扱いされているメスト・エジル。

売却したいが、エジルの給与を支払えるクラブもおらず、アーセナルでは置物と化している

だが、ここにきてフェネルバフチェSKが手を挙げているようで、トルコ移籍の話が急浮上。

しかし高給がネックとなっており、アーセナルがそのほぼ全てを負担するかもしれないとのこと。

エジルの週給は、£350kなのだが、そのうち£349kをアーセナルが負担するという話だ。

 

なぜそこまでするのかは一切わからないが、いくらなんでも事実なら嫌われすぎである。

一種のジョークであることを願っておこう。

 

メスト・エジル『アーセン・ヴェンゲルに感謝』

Legend of football awardに輝いたアーセン・ヴェンゲル。

彼の受賞に際して、多方からお祝いコメントが届いている。

その中で、渦中のエジルがTwitterにてお祝いコメントを発信。

受賞おめでとうございます、ヴェンゲル。

あなたが私をはじめ、アーセナルファミリーにしてくれたことの大きさに改めて感謝いたします。

美しいゲームで、周囲から大いにリスペクトされたあなたを私たちは常に尊敬しています。

ヴェンゲルは選手の個性を尊重した戦い方を好んでいて、それがモダンフットボールに合わないとバッシングも受けてしまった。

たがそんなヴェンゲルのやり方を選手たちも好んでいたようで、愛されていることがわかる。

 

モハメド・エルネニもコメントを寄せている。

しかし、SNSでコメントを出したことでヴェンゲルまで届くとは思えない。

 ダニ・セバージョス、負傷のお知らせ

ダニ・セバージョスが疲労により、ハムストリングを負傷したとのこと。

幸い負傷レベルは軽度なようで、ひとまずトレーニングは回避したようだ。

 

軽い怪我なら、問題ないだろう。

 

 

ひとまず、以上!