エジル、トレーニング風景をSNSに/セアド・コラシナツ『My Top5 Player』

エジル、トレーニング風景をSNSに/セアド・コラシナツ『My Top5 Player』

さて、本日のアーセナル日報をお送りいたします。

どうぞご査収くださいませ。

Arsenal Update

セアド・コラシナツ『My Top5 Player』

LBのセアド・コラシナツが、自身の目標とする理想の選手トップ5を教えてくれた。

出典:arsenal.com/

No.1 ロベルト・カルロス

危険なLBで、僕にとって本当に際立った存在だった。

記憶に残った、最初のLBだと思う。

No.2 アシュリー・コール

強力なLBでいつでも全力で戦っていた、最高の選手の1人。

非常に多くのタイトルを獲得しているのも印象的だ。

No.3 マルセロ

類まれなボールコントロールが好きだ。

オフェンシブのようなボール捌きだから、中盤やストライカーでもプレイできると思う。

テクニシャンで、クロスの質も高く間違いなく世界最高のLBの1人。

No.4  パオロ・マルディーニ

真のリーダー。

彼のキャラクター、チームでの存在感は当時、本当に印象的だった。

No.5 ダヴィド・アラバ

オフェンス、ディフェンス共に非常に高いレベルでプレイしている。

本当に効果的で、他の選手とは違ったレベルにいると思う。

The left backs Kolasinac models his game on

 

口うるさいOB、マーティン・キーオン

エジルが干されているのは誰のせいでもない、自分と向き合え。

俺たちの時代なら、エジルの態度を見たらドレッシングルームで首に手をかけにいく奴がいた。

ネガティブなことしか言わない男だ。

 

エジルがトレーニング風景をアップ

なんと久々に動いているエジルを見た。

元気そうでなによりだ。

 

マルセロ・ビエルサ『エンケティアよりもバンフォード』

リーズ監督のマルセロ・ビエルサがエンケティアの育成について語った。

エンケティアは現時点ではスターターではない。

でも彼のようなストライカーの起用法を巡って議論が起こるのは自然なことだ。

エンケティアかバンフォードか。

私はチームのリソースを管理しなくてはならない。

エンケティアがここで成功することを最も望んでいるのは私だが、バンフォードも大切な選手なんだ。

1人のプレイヤーがスターティングにふさわしいとき、もう1人はベンチに行きサポートに回る必要がある。

エンケティアはそのプロセス上にいる。

Marcelo Bielsa desperate for Arsenal’s Eddie Nketiah

そもそもエンケティアは、スクワッドにも入れていない。

結局のところ、リーズは昇格を目指しているからいずれローンで出ていくエンケティアよりもプロパー育成に充てたいということなんだろう。

 

人気者のピエール・エメリク・オバメヤン

ほっこりムービー。

こういうのをみると、フットボールが如何に文化として根付いているかがわかる。

 

セバージョス、来年もアーセナルに?

セバージョスが先週、レアル・マドリッドの会長ペレスに来夏アーセナルに移籍できるようプッシュした模様。

つい先日「レアル・マドリッドで成功することが夢」と発言していたセバージョスだが、一体。

スペインメディアによると、

アーセナルのMFダニ・セバージョスがレアル・マドリードから退団する可能性が出てきた模様。

🔴⚪️過密日程に向けての準備。

チームの素晴らしさを見せつける瞬間。

Gunners全員で頑張ろう!💪⚽️

 

 

ひとまず、以上!