オーンステイン『ウナイ・エメリの解任はない』

オーンステイン『ウナイ・エメリの解任はない』

アーセナルが混沌としている中、PLリーダーのリヴァプールとマンチェスター・シティの直接対決があった。

結果は、リヴァプールの勝利。

無敗を維持。強い。

Arsenal Update

リヴァプール v マン・シティーの試合は見ていないが、アーセナルとはレベルが違うことは想像に難くない。

アーセナルのことを考えよう。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

オーンステイン『エメリの解任はない』

BBCからAthleticに転職したアーセナルの情報屋、オーンステイン。

  • クラブ上層部はエメリを「100%支持」。
  • レビューは夏の予定のため、今の解任は考えていない。
  • クロエンケ親子、サンレヒ、ヴェンカテシャム、エドゥ、その他重役諸々、同意しているとのこと。
  • 不満の声に関しては、あくまでノイズ。
  • 外の声には、まったく意に介さず。

 

哀しい現実。

そりゃ、ウナイ・エメリも悠長に構えるよね。

残念な決定だ。

なにより哀しいのが、サポーターの声はノイズだということ。

Oh…

 

絶不調なアーセナル

エースのオバメヤン、3試合で3ショット

ピエール・エメリク・オバメヤンは、直近のPL3試合のアウェイマッチでシュート数、たったの「3」。

オバメヤンはワールドクラスのストライカーであるが、アーセナルは彼のために3試合でわずか3つのチャンスしか作れていない。

ちょっと意外なのが、オバメヤンを責めないでチームの責任として捉えた表現であるということ。

これがグラニト・ジャカだったら、ジャカの起用を責める流れになりそうなものだ。

 

出典:bbc.com/

 

ベルント・レノ、PLセーブ数「No.1」

1位なんて誇らしい?

いやいやご冗談を。

セーブ数のトップは下位のクラブが獲るのが一般的。

ここにベルント・レノが居るということは、それだけ攻め込まれているということ。

ちなみにレノは、バイエルン・ミュンヘンのレーダーに載っているという噂もある。(GKベルント・レノにバイエルン・ミュンヘンが関心を示す

 

おわりに

アーセナルに希望が見えない。

アーセナルが好きで好きでたまらないのに、なにも良くしようとしないクラブに嫌気が差している。

問題は見えているのに、どうしてその問題を取り除かないのだろう。

 

ファンのことをノイズといって無視をするよりも、向き合ってもらいたいものだ。

うーん。どうなるんだろう。

 

アーセナルの未来。そして誰もいなくなった。

 

 

ひとまず、以上!