ネットリテラシーが低いアーセナル/アーセナルの退団の噂

ネットリテラシーが低いアーセナル/アーセナルの退団の噂

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

Arsenal Update

代表ウィークのため、噂とかそういうものを。

エミ・マルティネス  うっかりエメリを批判?

本人は、ハッキングされたと言っているようだが…。

『エメリの解任望むひとは「いいね」を押して!』という画像に「いいね」を押したことがバレてしまった、エミ・マルティネス。

アーセナルでNo.1を目指す大事なときになにをやっているのか。(【CLへの近道】EL-GS 2節アーセナル v スタンダール・リエージュ

 

勇気があるというのか、浅はかというのか、とにかく注意不足であることは明らかだ。

アレクサンドル・ラカゼットもネガティビティな投稿に「いいね」を押下していたこともあり、アーセナルのネットリテラシーが心配だ。

 

 

ティエリ・アンリ、再び監督をやる

挑戦の舞台は、アメリカMSLだ。

モントリオール・インパクトと「2年契約 + オプション」という内容で契約を結んだようだ。

 

アンリは、アーセナルアカデミーでコーチングを学んでいたが、同時にSky sportのコメンテータとしても活動。

アーセン・ヴェンゲルから指導者として進むのか、コメンテータとして生きるのか、どちらか選んで仕事に集中するよう釘をされたのち、コメンテータを選択していた。

しかしその後、2016年から指導者の道を歩んでいる。

16/18には、ベルギー代表のアシスタントコーチ、18/19には選手時代の古巣であるモナコを指揮した。

モナコを解任後、10ヶ月が経っていた。

そして今回、再度マネジャーとしてフットボール界に戻ってきている。

フットボールだけでなく、モラルも教えるアンリ。

頑張ってもらいたい!!

 

この投稿をInstagramで見る

 

HaytersTV(@hayterstv)がシェアした投稿

ちなみに、指揮を執るモントリオール・インパクトには、元アーセナルのバカリ・サニャがいる。

同郷&Gunnersとして、相乗効果に期待したい。

 

トレイラ アーセナルから離れたい…?

先日から、トレイラに関心を寄せているクラブとして、ACミランの名が挙がっている。(ACミランは獲得を検討していない?

さらにここにきて、ナポリも関心を持っているようだ。

ナポリは、アラン(Allan Marques Loureiro)の後釜として、ルーカス・トレイラに興味を持っている。

トレイラの代理人は、アーセナルに1月にクラブを去ることを望んでいると伝えている。

しかし、ラウル・サンレヒは売却を望んでおらず、近日中に話し合いの場を設けるとのこと。

 

ヘクター・ベレリンもイタリア移籍?

ベレリンの代理人アルベルト・ボティヌス(Albert Botines)曰く、

ベレリンはイタリアが好きで、イタリアのクラブに興味を持っていた。

だが、それは明かすことはできない。

彼はアーセナルと長期の契約を結んでおり、アーセナルから引き離すのは簡単ではないだろう。

それに彼は、副キャプテンだ。

イタリアのクラブにアピールしているのだろうか。

いつでも交渉には乗るよと。

おわりに

ダニ・セバージョスの最大のファン

このチャントを聞くと、サンティ・カゾーラを思い出す。

本日更新したPostの後半にカゾーラのインタビュ記事が載っているのでタイムリーな出来事だ。

 

アーセナルが警戒するAFTVってなに?

 

秘密裏に行われた、VAR会議

こちらも前回のブログに載せているのでタイムリーだ。

プレミアリーグは来月から、VARを実施の際に提供する情報を増やすことに決めたようだ。

 

出典:skysports.com/

今までは、モニターに「チェック中」と出ていたものが、より具体的に表すということなのだろうか。

これは結構、楽しめそうだ。

 

 

ひとまず、以上!