のんびりしていると、アルテタを獲られかねないアーセナル

のんびりしていると、アルテタを獲られかねないアーセナル

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

Arsenal Update

エメリが居るうちは、契約を更新したくない選手たち

出典:arsenal.com/

Mirrorからのタレコミ。

  • アーセナルは、継続してオバメヤンとラカゼットの契約更新に動いている。
  • しかし、エメリが指揮している間は結実しないだろうと見られている。

 

仕方がない。

今のアーセナルのパフォーマンスは酷く、その原因はウナイ・エメリにあるのだから。

彼が排除されなければ、チームに残りたいとは思わない。

 

のんびりしていると、アルテタを獲られそう

アルテタの古巣、エヴァートンが後任マネジャーとして打診する予定とのこと。

ミケル・アルテタが、マルコ・シルバの後任としてエヴァートンのトップ候補に挙がっている。

関係者曰く、近日中に打診するとのこと。

 

アーセナル上層部は、エメリを切るかどうかを未だに迷っていると言われている(【ユングベリ擁立?】アーセナル、エメリ解任か意見割れる

これでもし後任探しも後手に回るようであれば、お偉方はアーセナルの未来を真剣に考えてくれているのか疑問を抱くことになりそうだ。

わたしはアルテタの就任を希望しているため、エヴァートンに行ってもらっては非常に困る。

 

ペップ・グアルディオラ、アルテタを語る

  • 皆アルテタには満足している。
  • できるだけ長く、彼とは仕事をしていたい。
  •  ただシーズンが終われば、未来はわからない。
  • マネジメントは学校に行く必要なんてない。ピッチで学べば良い。
  • アルテタはそれを理解しているし、とてもクレバーな人間だ。
  • 倫理的に仕事をこなすところを見るに彼は将来、マネジャーになるべき人材だ。

できれば、アーセナルでマネジャーをやってほしい。

ロマンを感じたいのである。

 

オバメヤン & ペペ アフリカ年間最優秀選手賞ノミネート

African Player of the Year awardにアーセナルから2名がノミネートされている。

誇らしい。発表は2020/7/1とのこと。

現在の本命は、リヤド・マフレズ(Riyad Mahrez)、モハメド・サラー(Mohamed Salah)、サディオ・マネ(Sadio Mane)と目されている。

 

ELフランクフルト戦は、最悪なコンディションで挑む

次戦はELグループステージ。

ただ前情報通り、観客問題等でとても良い雰囲気で試合ができるとは言えなさそうだ。

  • 暴動防止のため、アウェイファンの動員はなし。
  • アーセナルのメンバーシップである、Red AdultとCannon Red Membersへはチケットは販売されず。
  • Friends & FamilyやTicket Exchangeなどのサービスも使えず。
  • シーズンチケットホルダーとしてはアパシーの極み。
  • そしてなにより、寒い。

フランクフルト戦は、ホーム史上最低観客数になる可能性が考えられている。

 

おわりに

イチロー『安易にキャプテンをつくらないほうがいい』

スズキ・イチローから、今のアーセナルに強く響く言葉が。

エメリを解任できないアーセナル/ジャカ、ニューカッスル行きの噂

 

安易に心理学者の言い分を鵜呑みにして、責任を個人に負わせたエメリ。

なにかを感じずには、いられない。

 

結局は『当事者意識』が大事だと。何事にも。

兎にも角にも、早く決断を下して欲しい。アーセナルボードメンバー!

 

 

ひとまず、以上!