フレドリック・ユングベリのコーチングに惚れるヤングガンたち

フレドリック・ユングベリのコーチングに惚れるヤングガンたち

今回はフレディ・ユングベリ祭り。

元アーセナルでインビンシブルズ(Invincibles)のユングベリ。

そして、ありがたいことに日本のJリーグでもプレイしてくれた。

そんな偉大なるユングベリは、アーセナルのU23のヘッドコーチを経験したのち、今シーズンからファーストチームのスタッフに入っている。

Arsenal Update

オーンステインが教えるアーセナルの裏側

他のコーチや選手からの信頼も厚く、なにかあれば次にマネジャーになるのはユングベリとまで噂されている模様。

フリオ・プレゲスエロがユングベリを語る

The Athleticにてフリオ・プレゲスエロ(Julio Pleguezuelo)がユングベリのコーチングを語った。

現在はスティーブ・ボールドと入れ替わりで、アシスタントコーチをしているフレドリック・ユングベリ。

ユングベリが、U23コーチだったときにキャプテンだったのがフリオ・プレゲスエロだ。

コーチとしてのユングベリ

フレディはチームスタイルに変化をもたらした。

真の漢のフットボール、リアルなフットボールさ

後ろから組み立てられないときは無理をせず、ロングボールを使うなどして展開させた。良い組み合わせだった。

彼はオープンな性格だったけど、ことフットボールに関しては非常に厳しかった。

ピッチ外でもどこでもスタッフ、チームメイト、環境に感謝することを望んでいた。

ファーストチーム初出場の試合を最初に教えてくれたのはフレディ

招集前の夜にフレディは、僕に電話をくれた『聞け、フリオ。ウナイと話した。ウナイは君のプレイが良かったか聞いてきた。』

フレディは、僕についてプレイする準備ができていると言ってくれた。

翌朝、僕に伝えようとしていたみたいなんだけど、我慢できずに教えてくれたんだ。

彼が選手を気にかけてくれているとわかって嬉しかった。

フリオ・プレゲスエロって?

フリオ・プレゲスエロの来歴

トゥエンテ所属の元アーセナルプレイヤー。

CBを中心にRB、CDMをこなすディフェンダーである。

1997年1月26日生まれの22歳で、16歳のときにアーセナルへ。

15/16シーズンのときに、U21のキャプテンを任され、その後U23キャプテンに就任。

ファーストチームには、2018年10月31日のEFLカップ(カラバオカップ)ブラックプール戦でデビューを果たしている。

その後、2019年5月にトゥエンテへ移籍。

 

ジョー・ウィロック『フレディは僕のメンター』

プレゲスエロだけではなく、ジョー・ウィロックもフレディの指導を語っている。

イングランド v オーストリア戦後

今夜、フレディにメールを送るんだ。

試合の様子を伝えることで、フィードバックしてくれるから。

彼は僕になにをすべきか、どこをミスしてしまったのかを教えてくれるんだ。

僕を浮足立たせることなく、励まして僕に必要なことをいつも教えてくれる。

フレディは良いメンターであり、僕ら若手とたくさんコミュニケーションを取ってくれる。

 

こうした発言はジョー・ウィロックだけでなく、エミル・スミス・ロウやブカヨ・サカなど今シーズンからウナイ・エメリのスクワッドに入った選手たち誰もが、フレディとのことを話している。

さらにユングベリは、今シーズンの彼らの成長にさらに一役買っている。

ウィロックやサカなど一緒にビデオアナリストやトレーニング、ウォームアップなど各セッションで彼らをリードしているのだ。

 

フレディは素晴らしい男さ。

彼はアーセナルのレジェンドだ、誰もがそれを知っている。

彼はアーセナルの選手としてプレイしたことで、そのフィーリングも理解しているし、プレッシャーもわかってくれる。

ヤングプレイヤーとして、アーセナルのファーストチームに入ることの大きさわかっているんだ。

 

コーチのメンターは、フレディ・ユングベリ。

ピッチのメンターには、ピエール・エメリク・オバメヤン。

なんてバランスがいいのだろう。(ピエール・エメリク・オバメヤンは理想のメンター?

※ちなみにウィロックは、フレディの話になると目をキラッキラして話すという。可愛らしい。

 

リー・ディクソン『ユングベリがエメリのリプレイスになるとは思えない』

元アーセナルのリー・ディクソン(Lee Dixon)は、周囲の見方とは違った意見を持っているご様子。

プレッシャーが段違い

フレディは、ウナイほどプレッシャーがある要職には就いていない。

コーチが足りているおかげで、四六時中コーチングをすることもない。

ユングベリという人物について

プレイヤーとして、弱肉強食の世界で激しい争いをしてきた。

だが、1人の男として以前にチームとして物事を考える必要がある。

プレイヤーに必要なエゴを一旦置き、サポートに回る重要性が出てくる。

 

プレミアリーグでもっとも若いアーセナルスクワッド

The Sunによると、PLでアーセナルが最も若いスクワッドとのこと。

 

ひとまず、以上!