【我慢対決】エメリとエジル、どちらが先にアーセナルを去るのか?

【我慢対決】エメリとエジル、どちらが先にアーセナルを去るのか?

さて、アーセナルはヴィトーリアとのホーム戦で勝利したものの、エメリへの批判はなくならない。(【ジェットコースターゲーム】EL-GS 3節アーセナル v ヴィトーリアSC

むしろ、強まっているようにも感じる今日。

Goonerの多くはエジルを必要としているが、エメリは頑なに起用しようとはしていない。

両者の溝は深まるばかり。

今回はそんなウナイ・エメリとメスト・エジルにスポットを当ててみた。

ご査収くださいませ。

Arsenal Update

ヴィトーリア戦後、エジルのことを聞かれて苛々しているウナイ・エメリ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@unaiemery_ refuses to speak about @m10_official’s latest @arsenal omission 🤐 . . . . . . . . . . .#arsenal #ozil #football #emery #afc

HaytersTV(@hayterstv)がシェアした投稿 –

 

ジェイミー・キャラガー『エメリはヴェンゲルのアップグレードではない』

ジェイミー・キャラガーのコラムから。

エメリは、アーセン・ヴェンゲルのアップグレードではない

  • ヴェンゲル退任前でさえ、アーセナルはフットボールのアイデンティティを欠いていると非難されてはいない。
  • エメリに期待されていた部分は、ボールがない部分で熟達したチームをつくること。
  • エメリは明確なビジョンをもっていないことが問題であり、それがプレスチームなのか、カウンターチームなのかが不明のままだ。
  • アーセナルはCLに復帰するためELの実績と経験を考慮し、エメリに白羽の矢を立てた。
  • しかしもともとエメリは、セビージャのときからアウェイの成績とリーグでのフォームは悪かった。

Unai Emery is no upgrade on Arsene Wenger – another abysmal Arsenal performance always feels like it is in the post

エメリ・アーセナル体制になって2年目。

未だにそのスタイルが見えてこない。

 

ロビン・ファン・ペルシ『エメリは選手と関係を築けていない』

  • 当時と変わらず、アーセナルはセットピースに弱い。
  • いい加減に早急な改善が必要。
  • セットピースの失点により、毎シーズン12〜15ポイントは失っている。
  • ヴェンゲル、ルイ・ファン・ハール、ファーガソンなど多くのコーチから指導を受けたが、皆やろうとしていることは明確だった。
  • エメリが選手になにかの指示を出しているビデオを見た。
  • ‘calm, calm’ なのか ‘come, come’なのかわからなかった。
  • これは地味だが、とても重要なこと。
  • リーダーである以上、明確な指示であるべきだ。

 

最近になって、よく指摘されているエメリの英語の不自由さ。

それ故、選手に的確なメッセージを送れていないというファン・ペルシ。

馬鹿にはできないことである。

 

アラン・スミス『今のアーセナルにはDNAがない』

元Gunnersのニューカッスルの方ではないアラン・スミスから。

  • プレイスタイル、ゲームプランが見えないから。
  • どこに向かっているのかがわからない。
  • ヴェンゲルのときのようなDNA(アイデンティティ)が見えてこない。
  • 許したゴール数や与えたチャンス数などがあまりに多く、すぐに改善することは難しい。
  • エメリでは、残念ながら違いを作れない。
  • エメリがきてから、楽観的に試合を見れなくなったのはとても残念。

 

アーセン・ヴェンゲルのときなら、最終的に4位に残れたりと謎の力でCL権を奪取してきた。

アラン・スミス船長が言うように、今のアーセナルを見ていてどうにかなるだろうと思えない日々が続いている。

 

売却したいアーセナルとエメリ解任を待つエジル

  • アーセナルで居場所がなくなっているメスト・エジル。
  • クラブは彼からトランスファーリクエストを強制的に求めているように思える。
  • だが、エジルはリクエストを出す気は毛頭もなく、残る気でいるようだ。
  • エジルとしては、ウナイ・エメリのほうが自身よりも早くリリースされると見込んでいる。
  • さらには、クラブからの高待遇の条件にも満足している。
  • もしローンで出ていくなら、MSLを希望すると見られている。

Bleacher Report

エメリとエジルの我慢対決か。

そんなことより互いに本業で、早く結果を出してほしいものだ。

高給取りのエジルが邪魔のようなら、とりあえず試合に出して「使わない理由」でも示しせばいい。

 

ポール・スコールズ『マン・ユナイテッドがエジルを獲ればいい』

  • メスト・エジルのようなプレイヤーが本当の違いを生み出す。
  • エジルはチームを結束できる選手で、素晴らしいクオリティを持っている。
  • 彼がどうなるかの問題はわからないが、エジル次第で短期間のうちに答えが出るだろう。
  • その短期間の答えのひとつに『マンチェスターユナイテッドでプレイすること』がある。

多くの名選手がエジルのクオリティを評価している。

その彼が、まだ2試合しか出ていないなんて信じられない。

 

Gooner界隈の意見

ネット上の意見の中で、文句なしに多いのは「エメリのフットボールは酷い」ということ。

ちなみに探してはみたが、エメリ擁護派の意見は見つからなかった。

各チームの得失点差をみても、今のアーセナルが如何にボロボロかがわかる。

 

エメリのフットボール哲学

  • ジュースは飲むな。
  • どんなときも後ろから組み立てろ。
  • ベストなスターティングを選ぶ。
  • インパクトのある交代を行う。
  • チームで一番の高給取りはあえて使わない。
  • 機能しなくてもまた試してみる。

 

自身のアイデンティティを説明するエメリ、伝わらず。

 

起用法を巡る意見

なぜか使われない、キーラン・ティアニー

格闘家コナー・マクレガー(Conor McGregor)がアーセナルのお気に入り選手にティアニーの名を挙げた。

『なぜ調子の良い彼が使われないのかわからない』と疑問を呈している。

これを受け、ティアニーもInstagram上でこれを展開。

コナー・マクレガーに感謝した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thank you so much brother! An icon and my hero. Learned so much from you. The King 👊🏻❤ @thenotoriousmma

Kieran Tierney(@kierantierney)がシェアした投稿 –

 

適正ポジションで使われない不憫なトレイラ

ディフェンシブ・ミッドフィルダー(CDM)として非常に優秀なトレイラ。

なぜか、今までエジルがいたエリアで使われ続けている。

 

クラブはどうみているのか?

アーセナル経営層はウナイ・エメリを支持

ジャーナリストのCharles Watts曰く、

ラウル・サンレヒ、ヴィナイ・ベンカテシャム、テクニカルディレクターのエドゥらのアーセナルボードはウナイに満足している。

それにより、シーズン途中での解任はないと見られている。

 

モウリーニョがサンレヒとアーセナルの試合を視察

ジョゼ・モウリーニョがヴィトーリア戦をラウル・サンレヒと観戦していたとのこと。

なんだか笑える内容である。

もしこれでモウリーニョがアーセナルのマネジャーになったら、今まで敵だったキャラクターが味方になるみたいなワクワクは感じられそうだ。

ただ、モウリーニョのことをボスとしてみれるだろうか。

客観的にみたら、とても面白い話ではある。

 

 

ひとまず、以上!