【闇落ちウナイ】エジル襲撃事件、サリバの骨折、ヴェンゲルの喝

【闇落ちウナイ】エジル襲撃事件、サリバの骨折、ヴェンゲルの喝

さて、本日のアーセナルの情報を皆様と共有したく存じます。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

Arsenal Update

今日の話題を一挙にお届けしよう。

エジルとコラシナツが襲撃された件の続報

シーズンスタート頃の話題になる。

メスト・エジルとセアド・コラシナツが襲撃された事件があった。

そして今回、犯人と思われる人物が捕まっていたようだ。

襲撃犯として捕まった2名は、容疑を認めており、ほかにも襲撃事件を企てていたそう。

ひとまず、エジルとコラシナツにとってはこれで一安心といったところか。

 

ウィリアム・サリバ、骨折により離脱

ローンでASサンテティエンヌに所属している、ウィリアム・サリバ。

将来が渇望されている彼だが、第5中足骨骨折(ひび?)のため、4週間ほどアウトするようだと。

 

イケイケドンドンのキャリアを歩んでいたため、この負傷のニュースを見て、本当に残念な気持ちでいっぱいだ。

とにかくしっかり治して、抜群の状態でアーセナルに復帰してほしい。

 

レベルの低いノースロンドンダービー

Optaのスタッツから。

PL勢の全てのコンペティションの中で、リードを保てなかったチームのトップがトットナムの「7」

次点は、アーセナルの「5」

低レベルなトッテリンガムズ・デイを記録した。

 

アーロン・ラムジー、メモリアルゴール!

先日、ラムジーのアーセナル退団理由として、ウナイ・エメリの意向だったという噂が浮上した。(【ラムジー退団秘話】EL-GS 4節 ヴィトーリアSC v アーセナル プレビュー

 

エメリがマネジャーじゃなかったら、ラムジーはまだアーセナルにいた可能性があるのだ。

そんなラムジーがこの度、メモリアルゴールを決めた。

アーロン・ラムジーはユヴェントスのプレイヤーとして、チャンピオンズリーグではじめて得点をあげた英国人となった。

 

アーロン・ラムジーのゴールは、ユヴェントスのUCL通算300ゴール目。

レアル・マドリッド、バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン、マンチェスター・ユナイテッドに次ぐ記録を達成している。

 

グラニト・ジャカに移籍の噂

このたびのジャカの乱の影響で、キャプテングループからも外されてしまったグラニト・ジャカ。(【剥奪】ウナイ・エメリ、ジャカの処遇を発表

ジャーナリストの中には『こんなことがあった以上、1月で退団するしか道はないだろう』という見方も多い。

  •  ACミランが今回の騒動からジャカの去就を注視している。
  • ジャカ自身この出来事が契機となり、移籍する気満々といわれている。

ベシクタシュにローン中のエルネニにも関心を寄せていると報道があった、ACミラン。

アーセナルの中盤を取りにいくのか否か。

 

ヴェンゲルは今回のジャカの乱をどう見る

バイエルン・ミュンヘンの監督就任の噂が出ていた、アーセン・ヴェンゲル。

今回のジャカの乱について、インタビューで述べたようだ。

  • Arsenalというフットボールクラブは、その価値から世界中でリスペクトされており、誰もがリスペクトしなければならない存在。
  • マネジャーたるもの、クラブに敬意を持って接しなければならない。
  • 私にとって、アーセナルはそういう格式のようなものがあった。
  • 現代のフットボールは、すべての面で模範的であるかどうかにかかわらず、大きな責任が伴う。
  • ジャカはインテリジェントなプレイヤーで、最終的に彼は謝罪した。

その格式(Class)が最早ないように思えるのが、今のアーセナルである。

ウナイ・エメリに対して、『しっかりしろ、プレイヤーに責任を負わせるな』というメッセージにも取れそうだ。

 

おわりに

次のアーセナルの試合は、すっかり格上と化したジェイミー・バーディーが絶好調のレスター・シティ。

もはやエメリのアーセナルには、なにも期待していない。

 

アーセナルの経営陣は、ここから好転すると本気で思っているのだろうか。

プレスカンファレンス等をみてもウナイ・エメリの顔には疲労の色が濃い。

彼は、もう限界なのではないか。

真面目にエメリの身体も心配である。

 

出典:bbc.com/

どこかスターウォーズぽさを感じる、ウナイ・エメリ。

ダークサイドに取り込まれそうである。

 

 

ひとまず、以上!