【剥奪】ウナイ・エメリ、ジャカの処遇を発表

【剥奪】ウナイ・エメリ、ジャカの処遇を発表

さて、日付変わったらアーセナルの試合だ。

ELヴィトーリア戦を控えている、Gunners。

 

それに先んじて、プレスカンファレンスが行われている。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

Arsenal Update

ジャカのキャプテン剥奪が正式に決まる

5人キャプテン制を用いているウナイ・エメリ。

その序列はジャカ、オバメヤン、ベレリン、ラカゼット、エジルとなっている。

 

ジャカをこのキャプテングループから外し、オバメヤンにバトンタッチするとのこと。

なお、ジャカはこの決定を受け入れているということ。

さらには、ヴィトーリア戦はスクワッドに含まれず、招集外であることも発表された。

今回のことが契機となり、ジャカは1月にアーセナルを離れる可能性があると見られている。

グラニト・ジャカはカムバックを望んでいたかも知れないが、

今回のキャプテン剥奪で、アーセナルでプレイする姿を見ることはできなくなっただろう。

キャプテンのグループ内での降格ではなくて、完全に外されてしまったジャカ。

全く想像してなかった結末ではないため、ファンベースに動揺は見られない。

ジャカをこき下ろしていた連中からしてみれば、おのぞみの結末か。

とにかくクラブアナウンスも終え、事態の終息を図りたいアーセナル。

ごたごたに巻き込まれた選手たちのコメントは、のちほど見ていこう。

 

契約更新が上手くいかないアーセナル

アーセナルは、オバメヤンとラカゼットの2大エースと契約更新を望んでいる。

しかし、両者ともに一向にCL出場の目標に達しないクラブを鑑み、結論を急ぎたくないといった姿勢を貫いている。

レアル・マドリードがオバメヤンに関心

そんな中、オバメヤンのかねての夢であった、レアル・マドリッドが獲得に向け注視しているとの噂が浮上している。

会長のフロレンティーノ・ペレスは、ピエール・エメリク・オバメヤンのレアル・マドリッド加入を望んでいる。

アーセナルは、オバメヤンがクラブにトランスファーリクエストを出す可能性もあると見ている。

現状の彼の市場価格は、およそ€80mである。

 

オバメヤンとハメス・ロドリゲスを交換?

また、レアル・マドリードはアーセナルに対し、ハメス・ロドリゲスを含んだ交渉を持ち運ぶかもしれないとのこと。

ハメス・ロドリゲスは、現在28歳。

過去にもレアル・マドリッドで定位置確保できない彼に対し、アーセナルが興味を示しているという噂は出ていた。

果たして、現実のものになるのかどうか。

 

ひとまず、以上!