アーセナルで初キャプテンを勤め上げたヘクター・ベレリン

アーセナルで初キャプテンを勤め上げたヘクター・ベレリン

さて、明日の22:00(日本時間)には、PL8節 Arsenal v Bournemouth (H)が行われるわけだが。

その前に、ここ最近のアーセナル情報をまとめてみたいと思う。

Arsenal Update

まずは昨日のELの話題から。(【圧倒的勝利】EL-GS 2節 アーセナル v スタンダール・リエージュ 試合結果

無事、キャプテンを務めたヘクター・ベレリン

先日公表された、5人のキャプテンに名を連ねた24歳のHector Bellerin(【キャプテンはジャカに決定】PL7節 マンチェスターユナイテッド v アーセナル

喜びの声をメディアに語っている。

アーセナルのアームバンドを着用して、チームをトンネルから先導できたことは、非常に光栄だった。

チームメイトとコーチ陣が僕のことをキャプテンに値すると信じてくれたことに、とても感謝しているよ。

 

9ヶ月以上離脱していたわけで、これ以上ないカムバックだったのではないだろうか。

マルティネリが倒されたシーンでは、火消しに回らず煽った関係で要らぬイエローカードをもらってしまったが、グーナー界隈ではその熱さを称える声が多かった。

 

BT-SPORTによると、ベレリンはGunnersとして182試合目でキャプテンになったとのこと。

 

出典:sport.bt.com/

途中、ヘアスタイルが迷走したベレリン。

さらにフォームも落としてしまい「髪を早く切れ」とイジられたこともあった。

 

そんな男がアーセナルのキャプテンになった。

チームメイトからも厚い信頼を寄せられているようでなによりだ。

 

EL-GS 2節のベストイレブンに3選手が名を連ねる

喜ばしい話題が続くアーセナル。

Left-back: Kieran Tierney
  • アーセナルのファンはキーラン・ティアニーがGunnersとして2試合目のスタートを切ったことに興奮した。
  • ティアニーは、90分間で4つのキーパスを記録。
  • サイドからファーストゴールのアシストも記録した。
  • 3つのタックルと2つのインターセプトも成功させている。
 Central midfield: Dani Ceballos
  • ダニ・セバーロスは3ショットを放ち、うちの1本を決めアーセナルで初得点をマーク。
  • 99本のパスで93.9%の成功率を記録。
  • 4つのキーパスでアシストも記録している。
Striker: Gabriel Martinelli
  • ガブリエル・マルティネリは、文句なしのパーフェクトの働きで10.0のレーティング。
  • アーセナルの4ゴールのうち3つに関与した。
  • 2得点1アシストの大活躍で3つのタックルと2つのドリブル成功も記録した。

Three Arsenal players feature in Europa League best XI

 

DF・CM・STと各ポジションの選手が結果を収めた形だ。

この調子でファーストチームもワクワクする試合を提供してほしいものだ。

 

ニコラ・ペペのクオリティに疑問 – Martin Keown

元アーセナルのキーオンが、BT-SPORTで結果を出せていないペペのことついて語った。

後半から出場したペペについて

ヴェンゲルだったら、若手のチャンスを妨げることはしなかっただろうね。

まだペペを起用するのか

いずれ調子を上げてくるだろうけど、私は彼から期待できることが一切見えてこない。

前所属先のリールは、アーセナルでのペペを見て銀行口座眺めながら笑ってるんじゃない?

 

同席していたワンダーボーイ、マイケル・オーウェン(Michael Owen)もペペのコンディションについてコメント。

オーウェンはこのアイボリーコーストに対して、最初にいくつか目を引くパフォーマンス見せたがもう興ざめしている様子。

現時点でアーセナルは、多くのポジティブな面があるけどネガティブな面もあるね。

それがペペだ。

私は彼に期待していたし、フランスリーグで彼を見て非常に良い選手に見えたんだ。

最初のころは、なにか隠し持っているようにも思えたけど、もうそんな風には見えないないね。

今回、平均的なチームと対戦したことで自分のプレイに少しでも自信を持ってもらいたかったけど。

彼のコンディションが心配だ。

 

まるでペペ父親のような暖かいコメントを残したマイケル・オーウェン。

キーオンについては、いいや。

 

アーセナルが安価で売却した、有望株4選手

セルジュ・ニャブリ(Serge Gnabry)が夢の大会CLにてトットナム(ToT)相手に4Gと大暴れ。

自身もGooner向けにコメントを出すなど、大盛り上がりだった先日。

そこから、アーセナルが安売りしたタレントと題して色々情報がアップされた。

同じく今大活躍しているドニエル・マレン(Donyell Malen)

売却したアンジェからリヨンへとステップアップを果たしたジェフ・レーヌ・アデレード(Jeff Reine-Adélaïde)などが入っている。

 

タラレバになるが、選手の価値をちゃんと見定めて欲しいものだ。

アデレードは怪我の頻度が多かったのがマイナスではあったけど、ニャブリに関しては移籍前のアンダーのワールドカップで大活躍だったわけで。

その後のバイエルンへの完全移籍を知って、ローンではないのかと困惑したものだ。

 

マルティネリが、マンチェスター・ユナイテッドにもマークされていたという話も付随して出てきている。

この情報でグーナー界隈はマン・ユナイテッドを出し抜いたとニンマリ顔のようだが、彼をしっかり育てていかないことには、我々が笑われることになるだろう。

 

おわりに

Sky Sportsが、例のオバメヤンの件のVR動画を作ったようだ。

Let’s VR !!!

 

ひとまず、以上!