【首位浮上】好調なアーセナルU23/ユングベリとペペ

【首位浮上】好調なアーセナルU23/ユングベリとペペ

さて、今日のアーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほどよろしくお願いいたします。

Arsenal Update

アーセナルU23は絶好調、首位浮上

スティーブ・ボールドが指揮しているアーセナルU23。

昨年と同様、若手の成長は著しいようだ。

フットボールロンドンのレビューを基に、特に抜きん出ているプレイヤーを紹介しよう。

エミル・スミス・ロウ(Emile Smith Rowe)

  • 今シーズンは怪我もあり、苦労しているエミル・スミス・ロウ。
  • しかし、今は正しい道に進んでいるようだ。
  • この試合では、フル出場ではなかったものの、強い輝きを放っていた。
  • 相手の危険なエリアに侵入し、ディフェンスを軽くいなしていた。
  • 19歳の彼にとってはU23はただの通過点のようだった。
  • 次のステップに進むべきであり、ファースト・チーム定着が厳しいようであれば、ローンに出し経験を積ませるのが最適だろう。

 

タイリース・ジョン・ジュールス(Tyreece John-Jules)

  • 急成長を遂げているプレイヤーの1人。
  • そのクオリティの高さから忘れられがちだが、彼はまだ18歳。
  • 今シーズンは、既に6ゴールを記録している。
  • 身体の使い方や3-0でもプレスをかけるアグレッシブな姿勢など、年齢に見合わず成熟している。

 

ジョン・ジュールスは、8歳からアーセナルアカデミーに所属。

2018年にプロ契約を結んでいるFWだ。

 

将来有望な若手が多いというのは、大変喜ばしい。

さらにいうと、昨年までユングベリはアカデミーを指揮していたため、選手の特長も抑えていることだろう。

アカデミーとファーストチームをうまくリンクできることも魅力的なポイントである。

ELやFAカップで、その利点を活用できたらいいのだけれど、その時までにはファーストチームを整えることができるだろうか。

 

ユングベリとペペのMTGその後

先日のPLブライトン戦の試合前プレスカンファレンスで、ニコラ・ペペと話し合いの時間を設けることを明かしたユングベリ。

予定通り、しっかりと話し合いは行われたようだ。(選手のケアに奔走するフレディ・ユングベリ

  • ペペとは既に話し合った。
  • ブライトン戦で見せてくれたペペの攻守における働きには、大変満足している。

 

MTGでは『ユングベリがペペに期待していること』、『ペペは現状をどう捉えているのか』といったことを話したと見られており、彼のパフォーマンスが向上してくれれば幸いだ。

 

しかし、ペペは既にスタッツ上では復調しているという見方もあり、ここからどう爆発していくのか。(ニコラ・ペペの復調考察/空手家、マテオ・ゲンドゥージ

ニコラ・ペペの復調考察/空手家、マテオ・ゲンドゥージ

 

 

ひとまず、以上!