【ゆく年くる年】アーセナルのブレない補強ポイント

【ゆく年くる年】アーセナルのブレない補強ポイント

さて、アーセナル情報をみなさまと共有したく存じます。

ご査収のほど、よろしくお願いいたします。

アーセナルのブレない補強ポイント

1月の移籍市場の情報が、活発になってきたアーセナル。先日から報じられているCBとCMが補強ポイントというのはブレていないようだ。

 

アルテタが1月の移籍市場で求めるもの

 

補強は、ジャカを売却してから…?

Athleticによると、アーセナルは1月の移籍市場でDFとMFの両方を強化する方針。

リールのブラジル人CB、ガブリエル・マガリャンイス(Gabriel Magalhaes)をチェックしている。

ここ数週間、セントラル・ミッドフィルダー緊急性の高い、補強ポイントと見られている。

ゲンドゥージとウィロックは、成長曲線著しい希望の光だが、ほか3名のCMの未来は不透明な状況。

CMはアーセナルのショッピングリストに書かれているが、誰かが去らない限り、新たなサインは生まれないだろう。

 

グラニト・ジャカのほかにも。

ルーカス・トレイラ、エミル・スミス・ロウ(ダニ・セバーロス)あたりがアーセナルの移籍候補に入っているのかもしれない。

アーセナル、1月の移籍市場

アーセナルの1月の移籍市場の動き方

エミル・スミス・ロウ
  • 1月にイングランドのクラブへローンで出したいアーセナル。
リース・ネルソン
  • レヴァークーゼンで欲しがっている様子。
メリフ・デミラル
  • ユヴェントスの21歳のDFでポテンシャルを評価している。

 

ラカゼットとオバメヤンの代役を検討

le10sportによると、オバメヤンかラカゼットのいずれかが今後、アーセナルを去る可能性が高い。

仮にストライカーを失った場合、 リヨンのムサ・デンベレをストライカー候補の最優先事項と設定する方針。

 

オバメヤンもラカゼットもアーセナルから出ていってしまうことは哀しいけれど、そうなっても仕方がないだろう。

代わりはムサ・デンベレ(23歳)。

セルティックにいたようで、一瞬こんがらがったが、あのセルティックのデンベレは、カラモコ・デンベレ(16歳)。

 

デンベレ姓が多いので、混乱する。

 

 

ひとまず、以上!