【才能の流出】フォラリン・バロガン売却の噂/アーセナルフィジオ変更か

【才能の流出】フォラリン・バロガン売却の噂/アーセナルフィジオ変更か

昨日のシェフィールド戦では、どうにかELへの望みを繋げたアーセナル。

準決勝の相手は、マンチェスターシティということで依然として厳しい戦いが続く。

【ELへの近道】FAカップ 準々決勝 シェフィールド v アーセナル 試合結果

Photo by ANDREW BOYERS/POOL/AFP via Getty Images

厳しい中でも連勝を飾り、少しずつ上向きのアーセナルだが、不穏な噂が舞い込んでいる。

 

フォラリン・バロガン移籍の噂

ヤングガン、フォラリン・バロガン(Folarin Balogun)に移籍の噂が浮上している。

将来を嘱望されている、FWバロガン。

一体なぜ?(【若手の宝庫】アーセナルの将来を担うヤングガンたち

Ornstein: Ake on Man City list, Arsenal to lose Balogun, Liverpool re-sign medic

 デイヴィッド・オーンステイン曰く、

アーセナルのヤングスターである、フォラリン・バロガン(18歳)は、クラブとの新契約合意に達しなかったことで、次の移籍市場でクラブを去ることなりそうだ。

アーセナルとしても、残り契約数1年のバロガンをフリーで失うことを避けたく、売却の意思はあるようだ。

売却の際には、セルオンを契約内容に含めることが予想される。セルオン:選手が次回移籍する際に、元所属先としてボーナスを受け取れる条項

 

渦中のバロガン、SNSを更新

 

この投稿をInstagramで見る

 

Balogun(@folarinbalogun67)がシェアした投稿

この記事がアップされてから、SNSを更新したバロガン。

しかし肝心のメッセージはなく、画像のみの投稿となっている。

そして案の定、残留を望むコメントで溢れかえっている。

 

あれだけ、化ける化けると言われてきた、フォラリン・バロガン。

アーセナルのトップチームに定着することなく、去ってしまうのだろうか。

 

シーズン終了後、フィジオスタッフ変更の噂

デイヴィッド・オーンステイン曰く、

アーセナルのフィジオのヘッドである、クリス・モーガン(Chris Morgan)にリヴァプール出戻りの噂が浮上している。

後任は、エドゥと親交の深い、ブルーノ・マツィオッティ(Bruno Mazziotti)を抜擢する。

 

リーグ再開後、よく見かけるようになったアーセナルフィジオのクリス・モーガン。

【いつものGunners】PL29節 マンチェスターシティ v アーセナル 試合結果

出典:skysports.com/

リヴァプールでは、10年以上フィジオ業務に従事していたクリス・モーガンが、Gunnersとの契約満了を以て、リヴァプールに復帰すると見られている。

後任は、エドゥのコネクションからか、ブラジリアンフィジオのブルーノ・マツィオッティ(現PSGフィジオ)が着任するとのこと。

 

アーセナルにスタッフに疎い私だが、今回の野戦病院化により、勝手に親近感を覚えていただけに、お別れは残念でならない。

 

おわりに

オーンステインによると、ナタン・アケ(Nathan Aké)の獲得をマンチェスターシティが狙っているとかなんとか。

個人的に好きな選手であり、アーセナルも関心を寄せていると何度か話題にはなっていたアケ。(ナタン・アケを獲得してほしい

マンチェスターシティに行ってしまうのだろうか。

アーセナルに来てほしいが、残念ながら予算は捻出できそうもない。

 

次のアーセナルの試合は、7/2のPLノリッジ戦。

相変わらずの過密日程である。

どんな内容でも構わないから、勝って笑顔が溢れる試合を期待したい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

😍 There’s NOTHING quite like a last-minute winner!⁠ ⁠ #Arsenal #Ceballos #EmiratesFACup #AFC #COYG

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

 

 

ひとまず、以上!