【Loan watch】アーセナル、夏の大セール計画!

【Loan watch】アーセナル、夏の大セール計画!

バロガンが日本時間の昨晩、契約を更新したようで嬉しい限り。

彼の残留により、ラカゼットとエンケティアの未来は変わってきそうだ。(バロガンショック

そのことは後ほど振り返るとして、今朝やっとローンウォッチが更新された。

アーセナルがエヴァートンに泣かされた週のローンウォッチ、見ていこう。

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 Premier League

ジョー・ウィロック(ニューカッスル)

ニューカッスルのジョー・ウィロックが95分に再びゴール、アンフィールドのリヴァプールに相手に『1-1』のドローで窮地を救った。

21歳のMFは1点ビハインドで迎えた64分、Ciaran Clarkに代わって出場すると、 Dwight Gayleのヘディングに反応してここ3試合で3得点をマークしている。

結果、ニューカッスルは33試合を終えて16位と、降格ラインから距離を広げることに成功した。

WhoScored選手採点:7.4(CM)

 

メイトランド・ナイルズ(ウエストブロム)

メイトランド・ナイルズは、ヴィラパークで行われたアストンヴィラ戦に85分間出場。

試合は『2-2』のドローに終わった。

ウエストブロムは前半のうちに逆転するも、92分にKeinan Davisに同点弾を決められてしまった。

WhoScored選手採点:6.7(CM)

 

🇫🇷 Ligue 1

ウィリアム・サリバ(ニース)

ウィリアム・サリバはフル出場で、モンペリエに『3-1』で勝利。

この結果、ニースは4試合を残して9位に浮上している。

WhoScored選手採点:6.8(CB)

 

🇪🇸 LaLiga

ルーカス・トレイラ(アトレティ)

ルーカス・トレイラは、アトレティコがアスレティック・ビルバオに『2-1』で敗れた試合で、26分間出場。

Angel Correaに代わって64分からピッチに入ったが、Inigo Martinezの決勝ゴールを防ぐことはできなかった。

この結果、ディエゴ・シメオネは11度目のリーガ優勝に向けて重要な3ポイントを失うことになった。

WhoScored選手採点:6.0(DM)

 

🇩🇪 Bundesliga

セアド・コラシナツ(シャルケ)

シャルケがビーレフェルトに『1-0』で敗れた試合、コラシナツはフル出場だった。

この試合の時点で既に降格が決まっていたシャルケは、今シーズン30試合でわずか13ポイントしか獲得できていない。

WhoScored選手採点:6.2(LM)

 

🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿 EFL League One

マーク・マクギネス(イプスウィッチ)

イプスウィッチはウィンブルドンに『0-0』の引き分け、マーク・マクギネスはフル出場でクリーンシートに貢献した。

後方でしっかりとしたパフォーマンスを発揮し、43試合を終えてチームはリーグ11位。

WhoScored選手採点:7.9(CB)

 

ダニエル・バラード(ブラックプール)

ダニエル・バラードはフル出場したが、ブラックプールはシュルーズベリーに『1-0』で敗れた。

21歳のディフェンダーは、6試合連続の先発出場を果たしたものの、リーグでの連敗を防ぐことはできなかった。

WhoScored選手採点:6.8(CB)

 

タイリース・ジョン・ジュールス(ドンカスター)

タイリース・ジョン・ジュールスは62分間プレイしたが、ドンカスターはフリートウッドに『1-0』で敗れた。

20歳のストライカーは、今月初めのシュルーズベリー戦で復帰して以降、全試合に出場している。

ちなみに前節は、さっそくゴールを決めていた。

WhoScored選手採点:5.9(CF)

 

その他…

ハリー・クラーク(英4部)はグリムズビー戦にフル出場するも『1-2』で敗戦。既にチームはリーグ2への残留を決めているが、最下位のグリムスビーを相手にポイントを奪えなかった。WhoScored選手採点:6.7(RM)

ジョセフ・ オロウ(英5部)はフル出場するも、アルダーショットに『2-0』で敗れている。

Loan Watch: Willock scores equaliser for Newcastle

 

 

ローンウォッチはここまで。

続いてfootball.londonの記事を見ていこう。

アーセナル特派員Chris Wheatley曰く、アーセナルは夏に結構な量の選手を売却するのではないか、とのこと。

ローンに回された選手も売却リストに名を連ねている。

移籍予算捻出のために売却に励む

Edu planning Arsenal summer firesale as 5 players identified to boost Arteta’s transfer budget

夏の大型セール。

そう聞くとなにを買おうかワクワクするものだが、そういうやつではない。

『換金』に燃える夏

アーセナルは今夏、少なくとも4選手を売却して新戦力獲得の資金を捻出しようとしていることが、football.londonの取材でわかった。

ミケル・アルテタは、レアル・マドリードからマルティン・ウーデゴールの再ローンを切望しており、また、RBとLBの強化も望んでいる。

しかし、アルテタもCEOのVinai Venkateshamと社外取締役のTim Lewisと定期的に連絡を取り、クラブのお財布事情は十分に理解していることだろう。

【まとめ】ラウル・サンレヒ退任の衝撃/ベンカテシャムのクラブ愛

 

先日行われたファンとの意見交換でJosh Kroenkeは、今夏の移籍計画について『楽しみにしている』と発言していた。

一方のVinai Venkateshamは、オーナーであるKSEがアーセナルに資金を提供する意思があると含みを残したが、パンデミックによって今年は巨額の損失を被ると認めた。

アーセナルの釈明会見 vs 怒れるファン『あんたらは卑怯!』

 

アーセナルの売却プラン

そうなると売って売って、予算を作るしかない。

今夏、アーセナルはエインズリー・メイトランド・ナイルズエディ・エンケティアの売却に前向きで、ヘクター・ベレリンは適切な機会があればクラブを離れることを望んでいることから、去就が注目されている。

 

ジョー・ウィロックはニューカッスルでの活躍により、ファーストチームに復帰する可能性があるが、マテオ・ゲンドゥージルーカス・トレイラは、売却されることだろう。

 

ディフェンダーはウィリアム・サリバが復帰の見込み、ディノス・マヴロパノスは再ローンか完全移籍になるとfootball.londonは睨んでいる。

 

さらにアーセナルは肥大化したアカデミー体制を縮小するため、この夏、多くの若手がクラブを去ることになるだろう。

現在、アーセナルにはプロ契約を締結したヤングスターが39名、スカラシップは19名。

コヴェントリにローンで加わっているベン・シーフは、そのまま今夏フリーでアーセナル退団するだろうし、ジョセフ・オロウトラジ・ボラデヤン・イリエフもアーセナルを去るだろう。

しかし、ゼック・メドリーは、1年の契約延長オプションが行使されて残留する可能性がある。

 

 

以上。

これを読んだところなにか確証があるわけではなさそうだ。

ウィロックに関しては、アーセナルは値札を『£20m』に設定しているようで、ニューカッスルは完全移籍も視野に入れて動いているとTelegraphが報じていた。

まあしかし、長らくローンに従事して年齢を重ねていったベン・シーフ、デヤン・イリエフといった選手らは退団だろうな。

 

おわりに

ミケルの下では出番が一切なかった、メイトランド・ナイルズとジョー・ウィロック。

プレミアリーグで普通にプレイできていることを考えると、アーセナルでひたすらベンチを温めるだけの日々はもう我慢ならないだろう。

レアルマドリード組が帰ることになれば、繰り上がりでチャンスはあるか。

ただナイルズの場合は、いまさらフルバックなんて御免に違いないし….。

そんなこんなで、今年の夏も目が離せない。

ひとまず、以上!

 

Arsenal Loans 20/21

ブンデスリーガ
ラ・リーガ
リーグ・アン
プレミアリーグ
  • ジョー・ウィロック(ニューカッスル)
  • エインズリー・メイトランド・ナイルズ(WBA)
イングランド2部
イングランド3部
イングランド4部
  • Harry Clarke/ハリー・クラーク(オールダム/短期→延長
  • James Olayinka/ジェームズ・オラインカ(サウスエンド/短期→延長
アイルランド1部
  • Joseph Olowu/ジョセフ・ オロウ(→英5部ウィールドストーン
オランダ2部
  • Zak Swanson/ザカリー・スワンソン(→復帰

 

 

【お知らせ!】

Feed、各種SNSから更新情報を確認できます。

ご活用くださいませ。

twitter/ 湯煎とるこ @yusen_toruko
instagram/ yusen_toruko
Feedly/ Arsenal FunFun!