Arsenal Reloadedで振り返る、15/16 PLアーセナル v アストン・ヴィラ

Arsenal Reloadedで振り返る、15/16 PLアーセナル v アストン・ヴィラ

さて、今日のアーセナルの情報をみなさまと共有したく存じます。

毎週水曜日のお楽しみである、Arsenal Reloaded。

5回目のストリーミング配信が行われた。

今回はその振り返りをしていく。

 

15/16 アーセナル v アストン・ヴィラ 見どころ

あのシーズンの最終戦

このシーズンは、あの『ミラクルレスター』のシーズン。

BIG6が軒並み不調でアーセナルは、リーグチャンピオンの匂いがプンプンしていたというのに…。

後半戦の失速は、悔しかった。

 

どのくらいアーセナルがノッていたかというと、

メスト・エジルがシーズンのアシスト王(Top assists)に君臨

ペトル・チェフがシーズントップのクリーンシートを達成

PFA Team of the Year(PFA年間ベストイレブン)にヘクター・ベレリンが選出

 

それくらい好調だった。

…………….。

 

最終節の結果によっては、トットナムよりも下位に終わる可能性もあった。

しかし、降格が決定していたニューカッスルがトットナムを撃破(5-1)してくれたこともあり、アーセナルはTotteringham’s Day(トットリンガムデイ)を祝うことができた。

 

トットナムのリーグチャンピオンを阻止するために、多くのチームが団結したシーズンだったように思う。

 

アーセナルでの最後となった選手

このシーズンを以て、ミケル・アルテタ、トマーシュ・ロシッキー、マチュー・フラミニがアーセナルを退団。

アルテタのゴール & 涙もあり、エモーショナルな試合であった。

ちなみに、アルテタは試合が終わる前から既に涙を流していた。

まさか3年後にアーセナルを指揮しているとは思ってもいなかった。

アーセナルを指揮してほしいとは思ったが、まさかこんなに早く見れるなんて。

今度は優勝して、嬉し涙をみせてほしいものだ。

 

15/16 アストン・ヴィラ戦を振り返る

今のスクワッドで残っているのは、ベレリンとエジルのみ。

ローンも含めたら、モハメド・エルネニも入るか。

 

彼らは今、アルテタにコーチングされているわけだが、やはり変な感じがするものなのだろうか。

 

ジルーのハットトリックとアルテタのゴール(未遂)

プレミアリーグの記録では、「アルテタのゴール」ではなく、オウンゴールとなっているが、ここではアルテタのゴールとなっている。

それにしても、オリヴィエ・ジルーは流石である。

 

このシーズンのジルーとエジルのコンビが美しかったのを覚えている。

 

試合のハイライト

 

今思えば、このシーズンは本当に楽しかった。

優勝するかもという高揚感、レスターが優勝という話題性、最終節でトットナムを逆転し、アルテタのゴールで和気あいあいだった。

 

こんな空気が永遠に続くと思っていたものだ。

Totteringham’s Dayなんて、今じゃキャンセルしっぱなしだ。

おわりに

ちなみに本日4月16日は、岡崎慎司の34歳の誕生日とのこと。

レスターが岡崎の代役探しに苦戦したことを考えると、彼のひたむきさ、キャラクターがどれほどの強みであったかが良くわかる。

 

 

ひとまず、以上!