オーンステイン『アーセナルの獲得状況 & ネルソンはローン』

オーンステイン『アーセナルの獲得状況 & ネルソンはローン』

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

前回のデイヴィッド・オーンステイン(David Ornstein)のレポートから数日が経っている。

あれから、新GKのアレックス・ルナルソン(Alex Rúnarsson)がアーセナルに正式加入となり、色々と慌ただしくなってきたアーセナル界隈。

【Welcome to Arsenal】アレックス・ルナルソンを獲得

 

今回もオーンステインの『Ask Ornstein』を参考に、最新のアーセナル情報を掴んでいこう。

オーンステイン『ネルソン、ローンに出るかも』

アワール & パーティの獲得状況は?

来ると思ったよ!笑

アワール、パーティに関してのメッセージを何度受け取ったかわからないよ。

私も今では、自分の子供の名前よりも彼らの名前の方が親しみを感じているくらいだ。

 

さて、アーセナルにとってアワールとパーティは中盤のトップターゲットというのは間違いない。

アワールとパーティのどちらかなのか、それとも両方を獲るのかは検討段階で詳しくは掴めてはいないが、バックアッププランは立てていると見ている。

売却状況やオーナーであるKSE(Kroenke Sports & Entertainment)の熱意にも左右されることだろう。

 

はっきりとした答えは出せないが、両方獲りではなく、どちらか一方だと見る人もいる。

その一方とはパーティのことで、彼のポジションはアーセナルが補強すべきポイントだからだ。

アトレティコの放出条件は明確だし、アーセナルは額を下げるか、スワップに持っていきたいところ。

 

それに対して、アワールを保有するリヨンとは、手強くタフな交渉になることは必至。

特にジャン・ミシェル・オラス会長の存在が大きく、彼によってアワール獲得は複雑になっている。

聞くところによると、アワール獲得はパーティ獲得よりも大分費用がかさむようだ。

 

ただ、その一方でテクニカルディレクタのエドゥは、リヨンの窓口であるジュニーニョと非常に良い関係を築いており、アワールも、ミケル・アルテタと同じエージェント会社ということで、相性は良いだろうね。

 

ルーカス・トレイラの近況は?

トレイラについて、アトレティコがローンを希望しているとのことだが、それ以上のことは掴めていない。

 

リース・ネルソンの序列はどうして下がったの?

私の掴んだ情報によると、リース・ネルソンはオファーがあれば、ローンで出ることが可能になっている。

プロセスの初期の段階だと思うから、どこまで話が進んでいるかは定かではないが、ローンで出場機会を掴めれば、クラブにとっても彼にとっても良いことだろう。

彼のポジションには、経験豊富なプレイヤーがひしめき合っている。

 

おわりに

昨季は、ペペの控えといった位置にいたネルソン。

今季はウィリアンが入ったことで、序列を落としてしまっていた。

 

エミル・スミス・ロウ(負傷離脱中)のようにローンを経て、一回り大きくなって帰ってきた選手もいるわけで、ネルソンはローンに出てコンスタントなプレイタイムを掴んだほうが絶対的に良いだろう。

 

本日の夜に行われる、レスター戦にネルソンが出るかどうかで答えが見えてくるかもしれない。

 

Leicester v Arsenal (A)
9月24日 (木曜日)⋅03:45~05:30

【醍醐味】ELFカップ 3回戦 レスター v アーセナル プレビュー

 

 

ひとまず、以上!