【大理石】アーセナル、20/21のアウェイキットを発表

【大理石】アーセナル、20/21のアウェイキットを発表

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

ホームキットのアナウンスから一ヶ月ほど経ち、来季のアウェイユニフォームも発表となった。

【Saka is No.7】アーセナル、20/21のホームキット発表

20/21のアウェイキット 『大理石』

5月のリークにあった通りの大理石デザインである。

アーセナル、来季20/21シーズンのユニフォームリークまとめ

 

新しいアウェイキットは、8月22日(土)に行われる女子チャンピオンズリーグ準々決勝 対パリ・サンジェルマン戦で最初にお披露目される。

ハイベリーのイーストスタンドにある有名な大理石のホールを表現したデザインで、これまでの歴史を一つに纏めたものになっている。

1936年に建てられたイーストスタンドのファサードは、2006年にエミレーツ・スタジアムに移転した後もそのまま残っており、アーセナルの歴史的な過去をいつまでも思い出させてくれる存在だ。

このフィルムは、ハイベリーの大理石のホールを称え、アーセナルの輝かしい歴史を振り返ると同時に、輝かしい未来に思いを馳せるものとなっている。

ワンショットシークエンスで構成しており、過去のアイコンとクラブを前進させる今のヒーローたちが一体となって、このシャツにあるストーリーが語られている。

The new adidas x Arsenal away kit!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

❤️ Good vibes only ❤️ #arsenal #aubameyang #miedema #lacazette #vandedonk #davidluiz #leahwilliamson

Arsenal Official(@arsenal)がシェアした投稿 –

アーセナルレディースが一足早く、このユニフォームに袖を通すようだ。

アウェイキットでの初陣を勝利で飾って欲しいところ。

パリ・サンジェルマン戦に向け、エスタディオ・アノエタへ乗り込むアーセナルレディース(アーセナルウィメン)御一行。

 

デザインはイマイチ…でもPVは高評価

このアウェイキット、Youtube等ではデザイン自体を称える声はあまり多くなく、ビデオの出来を褒める声が多い。

ワンショットシークエンスという手法も見ていて面白いものがあるが、それ以上に散りばめられたファニーなシーンがウケている様子。

勇ましい姿で、Tesco風の買い物袋を提げるLBキーラン・ティアニー、新加入ウィリアンのチェスの駒の存在など。

過去を懐かしみつつ、今に思いを馳せることができる良いプロモーションビデオである。

【ELへの近道】FAカップ 準々決勝 シェフィールド v アーセナル 試合結果

 

おわりに

戦力外気味の立ち位置にある、マテオ・ゲンドゥージやメスト・エジルも写真撮影に臨んでいたようで良かった。

試合に出る出番こそ貰えていないが、エジルはSNSのフォロワーも多く、『宣伝』という意味では外すことはできない。

メスト・エジル『評価が正当じゃないと感じる』

 

その肝心のSNSでは、アーセナルの話題が出てこないが、これも彼なりの抵抗か。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☀️💦🇹🇷 #vacay2020

Mesut Özil(@m10_official)がシェアした投稿 –

 

 

ひとまず、以上!