【9.12開幕】アーセナルのプレミアリーグ日程確定

【9.12開幕】アーセナルのプレミアリーグ日程確定

さて、今日のアーセナルトピックスをみなさまと共有したく存じます。

来月、9/12に開幕するプレミアリーグ。

この度、アーセナルの20/21シーズンのPLフィクスチャが確定の正式アナウンスがなされた。

アーセナルのPLフィクスチャ確定

アーセナルのプレミアリーグの20/21シーズンは、9月12日に幕を開ける。

初戦である第1節は、アウェイでフラムと当たることになった。

出典:arsenal.com/

 

また、開幕早々にビッグクラブと当たるようで、課題のアウェイ戦がズラリと並んでいる。

9.26 / 3節 リヴァプール(アウェイ)
10.17 / 5節 マンチェスターシティ(アウェイ)
10.31 / 7節 マンチェスターユナイテッド(アウェイ)

 

初戦は大事、もっと大事なのは『取りこぼし』をしない事

アーセナルには、PL第1節を落とすことが多い印象を持っている。

細かなデータは失念してしまったが、昨シーズンにあたる19/20第1節のニューカッスル戦では、かなり久々の勝利を手にしたアーセナルだった。

 

 

見事な開幕戦勝利を飾った、エメリ・アーセナル。

 

その後も、ビッグクラブには勝てないまでも、悲観するほどでもなく、良いスタートを切った…はずだった。

それなのに、いつの間にやらドローによる取りこぼしが増えていき、アウェイフォームはボロボロに。

 

指揮官ウナイ・エメリへの不満も吐露され始める中、ジャカの乱エジルとの確執など、新たな問題も噴出….。

 

アーセナル、3位なのにどうして喜ばないのか

emery

 

 

最終的には、クリスマスを待たずしてエメリはアーセナルをクビになってしまったわけだ。

【在任18ヶ月】ウナイ・エメリ、アーセナル解雇

 

とにかく言いたいことは、初戦は大事だが、トップ4あたりのクラブ以外からのポイント取りこぼしをなんとしても避けてほしいという点。

 

トップ4以外に勝てば『90』ポイント

仮に今季のトップ4である、リヴァプール、シティ、ユナイテッド、チェルシーを相手にポイントを落としたとしても、残りの試合の30試合で3ポイントを取れば、90ポイントを手中に収めることができる。

 

もちろん、山あり谷ありの長いシーズンを簡単な算数で表すのも変な話だし、実際そんなうまくいくわけがない。

 

 

しかし、

 

『試合終了間際に失点』

『リードを保てず、ドロー決着』

『アウェイでシュートが打てない』

 

といったアーセナルお馴染みの風景でどれほど、ポイントを落としてきたことか。

 

ミケル・アルテタも選手のメンタリティ改善に着手しているが、どれほど変わってくるだろうか。

 

シーズン開幕がとても楽しみだ。

 

ミケル・アルテタにとって初のシーズン

アルテタが12月の末頃にアーセナルマネジャーに就任して、8ヶ月が経った。

【おかえり】アルテタ、アーセナルマネジャー就任コメント

これから、コミュニティシールドやらプレシーズンマッチやら、始動に向け活動していくことだろう。

 

もうすっかり、アルテタ・アーセナルに違和感がないほど、彼にはワクワクさせられっぱなしだが、アルテタ監督でシーズン開幕を迎えたことはまだない。

 

今季がアルテタ・アーセナルとして迎える初めてのフルシーズンになるだろうし、長いシーズンをどう収めていくのかに注目したい。

 

おわりに

ジョゼ・モウリーニョとスパーズは厳しい冬を迎える模様😳

 

お隣のトットナムは、11月下旬から12月下旬にかけて、立て続けに難敵と当たるようだ。

ただ、アーセナルファンとしては、他所のことを気にしている余裕などない。

 

今季こそ、CL出場権を奪取することを切に願っている。

【まとめ】ラウル・サンレヒ退任の衝撃/ベンカテシャムのクラブ愛

 

 

ひとまず、以上!